ホームグラウンド
私のホームグラウンドと言うべき川は、自宅の近くを流れ琵琶湖に注ぐ
愛知川(エチガワ)の上流です。
近くには紅葉で有名な臨済宗本山の永源寺というお寺があり
愛知川の上流は昔からイワナの宝庫と言われていたようです。
私のBlogのタイトルもここからつけました。

その愛知川上流の支流にI川があります。
そのI川の昔の様子が、先日読んでいたエッセイ(山の夜を見よ:朔風社)に
書かれていました。
要約しますと・・・・・・

-------------------------------

I川の上流に廃村があります。
その村まで十数キロの林道が開通したのが昭和29年。
待望の林道がつくと10年もたたないうちに廃村なってしまったそうです。
なぜ、やっと林道がついたのに廃村になったかというと
チェーンソーというものが入ってきて、材木はみるみる伐採され
どんどん車で運び出され、あっと言う間に生活の糧であった
材木か食い尽くされたためだったようです。

林道が付くまではイワナは踏んづけるほどいたようで、
なぜかアマゴは居なかったようです。
まさにイワナ王国であったようです。
いかにイワナ王国であったかを物語るイワナつかみ秘法が
夏になると村人の間で行われていたようです。
その秘法というのは
 岩盤がえぐれたウロの中には大物が必ずいるので
 それに向かって、人差し指でおいでおいでをする。
 するとイワナは指を餌と勘違いし、指にがぶりと食いついて
 くるので、食いつかれた人差し指と親指でつまんでつかむ。
というとんでもない技だったようです。

人を警戒することを知らないイワナたちは、
林道がつくとみるみる減りはじめたようです。

-------------------------------

私が釣をはじめたころには、1日に数匹のアマゴとイワナが釣れるくらいで
それも20cm程度のものばかりでしたので、最近はあまり行ってません。

今年は久しぶりに行ってみよう。
[PR]
by seiyoukebari | 2009-03-08 19:25 | いろはにほへと | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/10514534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amagoann at 2009-03-08 20:38
I川は行ったことありませんが、山の本などでも逸話は読んだことあります。木地師伝説の残る鈴鹿は釣りだけでなく、何か惹かれるものがありますよね。これでもっと魚がいたら…^^;

近々休みを取りますから、是非ご案内して下さい^^
Commented by para-miyuki at 2009-03-09 00:02 x

>踏んづけるほどいたようで

オイラのホームも10年前は・・・イワナが股をくぐった。
3年前の岩手の渓では・・・立ちこむ足元でイワナが定位、フライをポトンと落としたら釣れた。

どちらも今は・・・原因はオイラですが!^^;
Commented by コム@サンパウロ at 2009-03-09 00:05 x
まいど~ 地球の裏側に着きました。
帰ったら是非上流に連れてってください!
Commented by heboheboy at 2009-03-09 12:05
この辺の琵琶湖に注ぐ川は岩魚の紋が微妙に崩れて流れ紋予備軍ですよね!一期釣りに行きたいと思っておりますがなかなか行けないでおります…岩魚を釣ったら是非アップしてくださいね!!要
Commented by iwanao65 at 2009-03-09 17:30
愛知川の名前を最近のニュースで聞いたような・・・。

釣れなくなって、釣り人が来なくなって3年くらいたったら、魚が復活。そんな話も聞きますが現実にはなかなか無いですね。
名前も無いような川を探って、ビンゴ!なんて美味しい話あればね~!
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-09 18:30 x
天女庵さん、こんばんは。

>近々休みを取りますから、是非ご案内して下さい・・・・
おっちゃんが地球の裏側から帰ってきたら一緒に行きましょ!

・・・・・・その前に・・・・修理・・・修理・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-09 18:33 x
paraさん、
>どちらも今は・・・原因はオイラですが・・・・・
って、paraさんが踏んづけたって事?(笑)

去年Jasseさんと行ったところは、
Flyをピックアップせずに移動していたら
何匹か釣れてました。

そういうお魚が大好きです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-09 18:36 x
サンパウロさん、こんばんは。

I川、釣れないと思いますが、美渓ですよ。
それに、堰堤がありません。
最後の堰堤から、魚止めの滝まで、釣り上がったら
1日では到底行けません。
今時そんな川も珍しいですよね。

でも釣れません。
これは今時普通ですが・・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-09 18:40 x
要さん、琵琶湖に注ぐ川の岩魚は
西岸に注ぐ川にはニッコウイワナ
東岸に注ぐ川にはヤマトイワナが生息すると言われてきたのですが
最近のDNAの調査で、そうではなく、両方とも閉ざされた琵琶湖を
取り巻く環境のなかで、独自に進化していることが、解ってきたらしいです。

でもね、マムシみたいな瓦もようのヤマトイワナらしき奴がたまに釣れます。
今年はこれを釣って写真とって、来年のカレンダーに・・・・・・
なんて、うまく行くわけないですね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-09 18:43 x
shikadaさん、
>名前も無いような川を探って、ビンゴ!なんて美味しい話・・・・・・
絶対無い!

あるのは
昨日爆釣したっていう川に行って、ボウズくらうくらいです。

とりあえず、近いうちに川の近くのコンビニまで年券を買にいかないと・・・・・
Commented by daikyu at 2009-03-09 23:24 x
おとうさん!お元気!?ホームグラウンドの渓だけはいつまでもその景観を
保ってほしいと思うのは釣り人のエゴなんでしょうか・・・随分変わり果てた
渓を木曽に戻ってみるたび思います・・・・

なんだかご無沙汰もしてるので逢いたいのですが、20日からの木曽に私が
行けるか微妙なのでTシャツ&キャップなどはshikadaさんにおあずけして
おきますか?

それとも近江まで配達行って帰りに牛でも食べようかな?うんうん帰りに岐阜
も木曽も釣り出来るね!・・・・
Commented by たんくろーりー at 2009-03-10 15:12 x
お久しぶりです♪

鈴鹿の渓(といっても東側斜面一帯)に興味を持っていくつか釣り歩いた事がありました。その頃から反対斜面の渓、とりわけI川の存在は気になっていましたが廃村になってしまった理由は文明の発達だったのですね…。
林道ができて暮らしが便利になったと同時に…。

色々考えさせられてしまいました。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-10 18:00 x
daikyuさん、ご無沙汰。
明日・明後日はまた東陽町です。
元気に出張してきます。

来週の木曽はだめなんですか?
気合い入れて行こうっと思っていたのに~!

Tシャツ・キャップ、いつでもいいですよ。
shikadaさんにお願い頂けるのなら、お願いします。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-10 18:07 x
たんくろーりーさん、ごぶさた。

鈴鹿の谿は結構いい雰囲気はあるのですが、お魚が少ないですよね。
それに日券が2000円では・・・・・

なんのために便利を求めているのかも、解らなくなってきますね。

不便な薪ストーブを使っているといろんなことが解ってきます。
不便もいいものです。
Commented by tokyo_terry at 2009-03-10 22:09
師匠、こんばんわ!!
本日ホームリバー(春の里川)を巡回してきましたが、今年はヤバイっす。
いや、川が悪いのではなく、ボクのウデが悪いのですが(汗)
きっと、平日に出し抜こうとしたバチですかね・・・
Commented by ヒゲおやじ at 2009-03-10 23:30 x
道ができると人も魚もいなくなってしまう。
人の欲望の深さを思い知らされますね。
西の渓は、ほとんど行ったことがないので今度教えて下さいまし。
20㎝未満でも、釣れたら嬉しいス!
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-11 20:29 x
terryさん、こんばんは。

去年あの里川に行ったのは、3月でしたよね。
そろそろ結果をだしてくださいよ~!
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-03-11 20:44 x
ヒゲおやじ さん、20cm未満でいいのなら、なんとかなりますよ。
渓相もいいですよ。
一度来てください。

Commented by tarobowgoo at 2009-03-14 22:15
こんばんは。
淀川水系琵琶湖のイワナは、琵琶湖でホールドされた独自の遺伝をしてるんですね。

もう、パラダイスってないんですかね。

我々の手でなんとかパラダイスって復活できないもんですかね。

パラダイスって、ぼくらの意識次第で、考え方次第でご近所でもパラダイスになるんですかね。

あの、4月1日から、太郎坊にもどります。やっと、定位置に帰ってきたような気がいたします。
Commented by seiyoukebari at 2009-03-15 20:04
tarobowgooさん、こんばんは。

滋賀県の川には、昭和30年代の後半まで、アマゴはいなかったらしいです。
いたのは、イワナとビワマス。

アマゴの放流がはじまり、イワナ域もアマゴが優勢になったとか・・・
今からでも、アマゴの放流を全てビワマスにしたら良いと思いません?
そうしたら、愛知川ダムでビワマスが70cmくらいになって、それをFlyやルアーで・・・・・・

太郎坊から、大阪までの通勤はきつそうですね。
私も中小路から大阪まで通っていた時期ががあります。
<< 少し進んだ 花粉症 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30