バージョンアップ
福永さんのフィッシュクラフトは、出来上がる作品毎にそのクオリティが上がっているのが、
素人目にもわかります。

フックした魚の生命感をロッドを通して感じるように、渓魚のもつ雰囲気が、
視界をとおして伝わってきます。

半立体のクラフトで渓魚を表現されるので、“奥行き具合”もポイントの様に思います。

あまり奥行きのあるものにすると立体になり、はたまた奥行きがないと、
単なるレリーフになってしまったり。

そんな事を、福永さんが考えているかどうかは定かではありませんが
作品の厚みが以前より増しているのは事実で、作品を収める額も
以前より厚いものが必要となって来ました。

そこで今回、私が作らして貰う額も、バージョンアップをして奥行きのある作品に対応しました。
f0053342_1172911.jpg




奥行き(厚み)のある作品を納める額というのは、一般的にはあまりニーズがなりらしく、
ネットでその作り方を検索しても、ほとんど紹介されていません。

以下は、自分の額の作り方です。
次回作る時のメモとして記しました。

1.材料
f0053342_21253783.jpg

 材料はSPF材を使っています。
 安価で加工がしやすく、木目や節もフィッシュクラフトにけっこ似合うと思っています。
 以前は、1×2材で作っていましたが、これでは厚さが足りず、
 バージョンアップ版では1×3材を使います。

2.飾り縁の加工
f0053342_21275975.jpgf0053342_21281780.jpg

 ルーターで額の全面・内側にくる角に飾り加工をします。
 最初にこの加工をやっておくことで、作業効率が上がります。
 ルーターは高速でビットを回転させて材を削り取る機械ですので、
 怪我をしないよう細心の注意を払っての作業となります。

3.切り出し
f0053342_2131384.jpgf0053342_21312088.jpg

 1×3材をそのまま使うと、今度は額が厚くなりすぎますので、
 これを適当な幅に丸鋸で切り出します。
 大きなテーブルソーかワークベンチが欲しいところですが、
 私の場合、そのような道具がないので、丸鋸台にガイドをセットして行います。

4.内側のくり貫き
f0053342_21323881.jpgf0053342_21325544.jpgf0053342_21331392.jpg

 厚みのある作品の額には、全面から見ると、
 飾り縁(外枠)、ガラス(アクリル)、作品(のクリアランス)、作品のバックボードが収まります。
 そのスペースを確保するために、材の内側をくり貫きます。

 先ず、深さのサイズに従って、丸鋸で切り込みを入れます。
 次ぎに、アクリル・バックボード゙を収める幅のサイズに従って、丸鋸で切り込みを入れ
 内側をくり貫きます。

 くり抜かれた材は、アクリルとバックボードの間を埋める、桟(さん)の材として使います。

5.裁断
f0053342_2136799.jpgf0053342_21362361.jpg

 作品のバックボードとなる板から、現物合せで材に採寸し、切断します。
 額の角を隙間のない綺麗な角に仕上げるには、正確に45度に切断する必要があります。
 とは言え素人が鋸で切断するには、余程いい治具を作ってかついい腕でないと
 綺麗に45度にはカットできません。
 私もいろいろやってみましたが、結局スライド丸鋸を購入しました。
 私のスライド丸鋸はホビーユースの安価なものですが、
 それでも額作りには十分な精度で切ることができます。

6.ペーパー掛け
f0053342_21365866.jpg

 この段階で、切断面等を綺麗にするため、#100-#150のサンドペーパーを掛けます。
 これで一応、額の外側の材ができあがりです。

7.接着
f0053342_21373199.jpg

 切断した材を、木工ボンドで接着します。
 圧着するために、写真のようなバンドを使っています。
 このバンドで締め上げて圧着すると、綺麗に四隅が直角に接着できます。

8.角の補強
f0053342_21383232.jpgf0053342_21384813.jpg
f0053342_21394100.jpgf0053342_21392286.jpgf0053342_1182723.jpg

 四隅には薄い板(ビスケット)を各角に2枚づつ埋め込んで、補強します。
 このビスケットは見た目のアクセントにもなりますので、薄い色の塗装をする場合には
 あえて、額の材とは違う色の板を使ったりします。

 溝切りの加工には、いろいろな方法があるようなのですが、 私の場合は、
 ルータと自作の治具で溝を切り、そこにボンドを付けたビスケットを差し込みます。

 ボンドが乾いた後、ビスケットのはみ出た所を鋸で切り落とし、ペーパー掛けをします。

9.アクリルのカット

 額の全面に入れるアクリルをカットします。
 サイズは作品のバックボードと同じとなります。
 アクリルのカットは、専用のカッターを使えば簡単にできます。

10.桟の作成
f0053342_1110334.jpgf0053342_11102262.jpg

 くり抜いてできた材で、内側にセットする桟を作ります。
 桟の幅は、額の深さからアクリルとバックボードの厚みを、差し引いた寸法となります。
 桟の両端も45度に加工する必要がありますが、こちらはそれほどの精度は
 必要ありませんので、鋸もしくはバンドソーで切断しています。

11.塗装

 額の色は、福永さんの希望される色で仕上げます。
 塗装は、木の風合いが残せるように、オスモオイルかワトコオイルを使って仕上げます。

13.金具の取り付け・完成

 額に作品を止める金具と、壁に吊すための紐を取り付け完成です。
[PR]
by seiyoukebari | 2009-07-18 11:13 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/11522321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by フィッシュクラフト at 2009-07-18 13:34 x
sisyou、こんちわ~
ちょっと作る魚を厚くしただけやと思ったら、額づくりがこんなに大変やったなんて!!
いつもありがとうございます!感謝してます!
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-07-20 08:59 x
福永さん、作品作りは進みましたか?

作品の厚みがまして、”3.切り出し” の行程が増えましたが、
こちらも結構、慣れてきました。
Commented by tabi at 2009-07-21 13:00 x
西洋毛鉤さん、こんにちは!
いや~、家具職人さんみたいですね。
この工程みてるのって、大好きです!
とくにフレームって、その中に入れる作品を引き立たせるも、そうでなくするも。。。
そんな世界なので、すごく難しいんですよね。

一枚の写真や絵画や押し花でも、
ちゃんとこだわりをもったフレームに収めると、
とびきり素敵なアートになります。

お二人の深い友情を感じました♪
作品展、楽しみですね!
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-07-23 17:53 x
tabi さん、こんにちは。

福永さんの作品展は今週末からです。
新作ぞろいということなので、私も楽しみです。

明日は、展示のお手伝い。
そして明後日はterryさんと髭オヤジさんを案内します。

<< チャラ瀬 想像以上の湯川釣行 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30