名より実
ずっと以前から気になっているというか、憧れのアイテムがある。
それはカスタムナイフに代表される刃物である。
釣りやキャンプをする者にとって、いつかは手に入れたい一品・・・・。
高価ではあるが、あの輝きとフォルムがなんとも魅力的な道具だ。

でも釣りやキャンプで、カスタムナイフを使うシーンが、
私にはどうもイメージできない。
だから今まで何年もの間、高価な刃物を購入することができないでいる。

魚の腹を裂くことも無いし、料理にカスタムナイフを持ち出す必要もない。
たき火を前に、バーボンを舐めながら、わざわざ枝で串を削ったところで、
串刺しして食べるような立派なイワナも釣れない。
オブジェを彫るなんて趣味もない。
だいたいがキャンプサイトやログでは、喰って騒いで寝るだけでそんな時間もない。

使う目的もないのに、道具を買うのは道具に失礼だと(チョット)思う。

そんな私に、この度めでたく憧れの刃物を使う目的(口実?)が見つかった。
カスタムナイフではその利用シーンを見い出せないでいたが
切出し小刀は “きさげ” に絶対必要だし、鉛筆も綺麗に削れる。
違いない!

カスタムナイフという“名”より、切出し小刀の“実”をとって
やっと憧れの刃物を購入することができた。
越後の伝統工芸士が作った竹の意匠の切出し。
実に渋い。煤竹でサヤでも作りたくなってしまう。

f0053342_114520.jpg

通販のHPにはこんな紹介文と写真が出ていた。
 新潟県与板の伝統工芸士で国内における
 釿(ちょうな)の製作での第一人者  
 高木順一作の切り出し「天空 竹」。


でも届いた桐箱には箱書きがなく、刃にも作者の名を印した刻印がなかったのは残念だ。
なんでも箱書きをする近所の方が病気で、筆を持てる状態でないとか・・・
それなりに高い買物だったので、実のところ“名”も欲しかった。

【追記】
さっそく、煤竹でサヤを作った。
適当な幅に割って、二枚貝の様に貼り合わせただけ。
先端のは、籐でも編んでかぶせようと思ったが、思うように編めず断念。
他に良いアイデアが浮かばず今一だが、桐箱から出して使うより
この煤竹のサヤから出して使う方が、ずっと良いだろう。
裸にしておくよりは、刃の保護にもなる。
f0053342_2159472.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2009-10-28 17:55 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/12202607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jasse at 2009-10-28 20:27 x
この先っぽがなんとも艶っぽいええ角度やん。
ハンドルの節の部分も、えらい色っぽいし。
色気のあるもんを師匠のような色気のない男が持つのも、これまたええんよなぁ。

工房においてはたまらない玩具になるよ。

刻印がないのが残念!!!
ワシが手彫りで刻んだるがな。
「八ッ瀬」でええか?


Commented by カワガラス at 2009-10-28 21:15 x
いい感じの刃物ですね。昨日、東京出張に行った際に、御徒町の岡安鋼材に立ち寄りました。時間が無かったので、ずいぶん前に買ったナイフキットに使うニッケルシルバーのカシメピン用丸棒だけ買って直ぐに店を出ましたが、時間があればじっくりと店内のショーケースを見たかったです。
先日、古本屋で早川 謙之輔著、「木工のはなし」を入手して少し読んでいますが、良い刃物が欲しくなりました。良い刃物を手に入れると何かを作りたくなりますね。もっとも私の欲しいのは工芸的なものよりも実用本位のものですが。物欲が・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-10-28 22:10 x
Jasseさん、こんばんは。

なかなかいい切り出しやろ。
「天空 竹」 ちゅうのもええやろ。
持ったときの、重さもええ感じです。

それがどないした、ちゅう感じですが、
ええ玩具です。

「八ッ瀬」は、遠慮しときます。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-10-28 22:14 x
カワガラスさん、こんばんは。

なんか、良い刃物を使うと、良い物が出来そうに思えますよね。
私なんか、スタンレーの刃もろくに研げません。

砥石が悪いのかかなぁ・・・・・・なんて思って、
砥石を検索なんかしたら、これまた、底なし沼ですね(笑)
Commented by yamada at 2009-10-29 00:15 x
同じくです。キャンプで使いたいなぁ~とかで家には何本かあります。
彫りモノがしてあって銘杢のグリップで。毎年釣りで使おうと思ってるんですけど
もったいなくて使えず未だ箱の中です。
でもやっぱり興味があるのはその造り方と作り手。
10年位前に本気で鍛冶屋になろうと考えたことがあるくらいです。
Commented at 2009-10-29 18:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seiyoukebari at 2009-10-29 21:40
yamadaさん、こんばんは。

何本もお持ちなんですか?
やっぱり、欲しくなる一品ですよね。

大工さんもいいですが、鍛冶屋さんも魅力的な仕事ですね。
Commented by seiyoukebari at 2009-10-29 21:43
鍵コメさん、お手数を掛けてすみません。

硬化時間の長いエポキシを使っております。
2液性で30分硬化のものがDIYセンターとかにありますので
それでお願いできますでしょうか。

Commented by iwanao65 at 2009-10-30 16:18 x
ワタシも刃物好きなので、数本大型のナイフを持っていますが、全部¥1.980-で落札したものばかりです・・・。
ちゃんと使えるモノですが、実際には使いません・・・。
アーミーナイフ1本あれば事足りますし、一番使うのは「ハサミ」だし・・。

でも、良いナイフはやっぱり魅力的ですな!
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-10-30 17:20 x
shikadaさんも、アーミーナイフの「ハサミ」で、鼻毛切ってるの?
最近、鼻毛処理以外にアーミーナイフも使った事ないなぁ・・・・・

>ちゃんと使えるモノですが、実際には使いません・・・
全く同感。
いいとこ、やらなくていいのに研ぎなんかをしたりなんかして、
切れなくするくらいです(笑)
<< 琵琶湖大鯰の魚拓の額 いけ花展 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31