綺麗に折れたロッドの修理
ポッキリ、それこそグリコのポッキーが折れたように
綺麗に折れたロッドの修理をした。

ささくれることもなく、竹片の一部の欠けもなく折れていた。

修理にはいろいろは方法が考えられたが、
今回は折れた所に、1.2mmの穴を空け
そこにカーボンソリッドの芯を入れてつないでみた。

竹以外の素材を入れるのには、なんとなく抵抗があったが、
竿の長さや太さを変えずに修理できそうなので、この方法でやってみた。
f0053342_1149159.jpg

結果は、なんかいい感じに修理できた。
この竿の修理は、修理とは別にTipのみを一から作ったので、結局2Tipになる。

他の竿もあとはラッピングしたら出来上がり。
f0053342_11494437.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2009-11-29 11:51 | バンブーロッド | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/12401385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 天女魚庵・店主 at 2009-11-29 13:53 x
ありがとうございます!2ティップだとこれでガンガン…ってこれからは今まで以上に慎重に扱いますから^^;綺麗に折れたとは言え、誉められたもんじゃないですって(爆)

またご連絡頂ければスタバでの取り引きに馳せ参じますので…^^
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-11-30 22:24 x
天女魚庵さん、こんばんは。
今日、フェルールのすりあわせをしていましたが
折れたロッドの方、かなりゆるいですね・・・・・・
どうしましょう?フェルール付け替えるのは、ちょっと面倒なので、
なにか別の方法を考えますね。
<< やせ細り対策 簡易ディッピング >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30