トリミング
ガイドやフックキーパーを糸で巻き留めるのをラッピングといいます。
このラッピングにアクセントを加えるのに、違う色の糸をつかって
縁取りをすることをトリミングというそうです。
グリップの上に何段もの飾り巻きをするのは、シグニチャーラップと言うそうです。

どちらも細い糸をほんの数回(3回から5回位)巻き留めるのですが
作業の途中ですぐにパラパラとほどけて、なかなかうまくできません。

そこで以前paraさんから教えてもらった、ハーフヒッチでのやり方を試してみました。

フライを巻くとき、アイの先端ではなにも考えずにできるハーフヒッチも
竿の真ん中でやろうとすると、頭がこんがらがりますね(笑)

ニッケルシルバーの棒と太いロープで見本を作ってから、ロープワークの開始です。

f0053342_21273658.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2009-12-07 21:29 | バンブーロッド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/12449361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 継ぎ手 やせ細り対策 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30