曲者のリールフット
竿作りの方が一段落しました。

Tipの修理1本とTipのみの4本の作成。
そして7.5ft#3の新しい竿。
f0053342_19124252.jpg

この竿はPayne100#4のテーパーを#3にモディファイしました。
Payne100#4は自分で使っているのですが、今回作った竿の方が良い感じです。
落ち込みのきわにFlyをスポッと入れられそうな・・・・そんな感じがします。

この竿を作るにあたっては、いろいろと楽しい仕様の注文を頂きました。

◎角を黒く
 バンブーロッドの6本のエッジを黒くして、ピンストライプを入れて欲しいという事でした。
 ご自身が保有されているロッドにピンストライプの入ったものがあり、同じようにして欲しい
 ということでしたが、試行錯誤の上、これは断念。でも良い経験ができましたし、
 次ぎ依頼があったらうまくできそうです。(でもしません)

◎ストリッピングガイドは、メノウリング。
 これは買っておいたメノウリングを付ければそれでOK。

◎塗装はオイルフィニッシュ。
 リールシート、ブランクともオスモとニスの混合で拭き塗りしました。
 竹の素の色が落ち着いた感じに仕上りました。

◎ラッピングは茶色系
 これも手持ちの茶色い絹糸を使えばOK。
 コーティングで濃くなったラッピングが、
 オイルフィニッシュのブランクと渋くマッチしてます。

◎パーフェクトが付くリールシート
 これが曲者。
 ハーディのフットに合わせれば、たいがいのリールは治まるのですが、
 保有されているパーフェクトがまさに曲者で、フットが曲がっていて、
 通常の仕様では治まりません。
 恐らく以前のオーナーが自分の竿に付けられないので、
 フットを曲げて使っていたのだと思われます。
 ならばフットを伸ばせばいいのですが、そこがその高価なアンティークリール。
 パーフェクトの足をmori-rodに合わすなんて、とんでもなく奥がましい話で、
 ここは、mori-rodのリールシートをパーフェクトの足に合わせて作らせて頂きました。
 リールシートの材はタモです。これがまた渋い。

出来上がった竿は、こんな竿です。

竿の写真のバックは、今回もヘボ会カレンダーです。
今回は2010年カレンダー11月に使われたKomさんブルックトラウトの写真です。
[PR]
by seiyoukebari | 2009-12-21 10:38 | バンブーロッド | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/12526619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by GEN at 2009-12-23 19:51 x
もしかしると、試行錯誤の中にあったのかもしれませんが・・・
角を黒くというのは、黒い(というか焦げ茶色)の接着剤を使って
接着後にエッジを削ってやれば茶色のグルーラインが出ます。
以前よろずやさんで扱っていたKR接着剤は焦げ茶だったんですが
今は取り扱ってないんですよね。
Commented by 天女魚庵・店主 at 2009-12-23 20:28 x
mori-rod Special仕様・・・英国王室ご用達ですな。ボクも高価なアンティークリールを手に入れたらオーダーさせてもらいます^^

自分のオーダーした竿でなくても、回を重ねるごとにグレードアップしていくロッドの製作工程を見てるのは楽しいですね^^ そのうちボクのロッドもオークションで「mori-rod 前期作品!激レア!」で高値が付く事を夢見てます(笑)
Commented by コム at 2009-12-24 09:53 x
おお! これですな!
ボクも2本目の構想は持ってますよ。
出来る限りフレーミングして焦げ茶色のブランクにオレンジ系のラッピング、フィニッシュはオイルフィニッシュ、リールシートも暗色てな感じかなぁと考えてますが、テーパーが決められません。
この先、何本かMori-Rodを振らせてもらって決めようかなと。
あ、でも今は要りませんよ。
先立つものがありませんので・・・(哀)

Commented by 西洋毛鉤 at 2009-12-24 17:51 x
GENさん、こんにちは。

黒い接着剤っていうのは、無いですよね。
だから普段使っている接着剤に、墨汁でもいれようかと思ったのですが、
水分を入れると硬化しないらしいのであきらめました。

結局、接着面となる2面を着色してから、
接着するとなんとかできそうです。

でも、もうやりません(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-12-24 17:53 x
天女魚庵さんの竿は、多分、mori-rod最終期の作品となると思いますよ(笑)

>オークションで高値が付く事を夢見てます・・・・・
私もその時の為に、これkら少し作りダメしておきます。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-12-24 17:56 x
コムさん、

・フレーミングして焦げ茶色のブランク
・オレンジ系のラッピング、
・フィニッシュはオイルフィニッシュ
・リールシートも暗色てな感じ

了解です。オーダーありがとうございます(笑)
リールシートはコムさんが挿し木から育てるオリーブの幹で。。。
Commented by ふくちゃん at 2009-12-27 23:12 x
あんな事、そんな事
そこはそうして、ここはこうしてと
色んなわがままを聞いて頂き、ありがとうございます。

竿が出来上がるまでに、こんなに楽しい思いをした事も初めての経験です
良い竿を作って頂いて、ありがとうございます

>mori-rod最終期の作品となると思いますよ
と言わずに、今後ともわがまま聞いてくださいね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-12-29 08:55 x
ふくちゃん、やっと納品できたかと思ったのに、すみませんでした。

シーズンインまでには、ちゃんと直しておきます。
というか、今年中には直しておきます。
Commented by コム at 2009-12-29 16:02 x
まいどです~ マジな話、
・フレーミングして焦げ茶色のブランク
・オレンジ系のラッピング、
・フィニッシュはオイルフィニッシュ
・リールシートも暗色てな感じ
この話、前に進めてもらえませんか?
イメージが沸きつつあって、詳細は打ち合わせさせて欲しいんですけど、長さは6ft半。 

リールシートは木の成長を待ってられませんので、どっかにオリーブ材って無いですかね?
でもオリーブって大体どんな木目なのでしょう?
で、お金が無いのでなんかとバーターが良いです(笑)。
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-12-31 10:47 x
コムさん、こんにちは。
大晦日でも竹と遊んでます(笑)

6ft半、了解です。
来シーズン中には仕上げますので
来年はショートロッドで永源寺の源流を、
ピュッ!ピュッ!っと行きましょう!
Commented by sasurainoturibaka at 2010-01-02 11:08
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年はどこかでご一緒したいですね。
制作意欲も増す一方ですね。見習わないと・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-01-03 14:12 x
ウラケンさん、あけましておめでとうございます。

今年は、Jasseさんや福永さんと一緒に、どこか一緒に行きましょう!
かみ合いそうでかみ合わない会話になるかもしれませんが
それはそれできっと面白くなるとおもいませんか?
<< 短尺材 デフレ基調 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30