梨園の今昔
先日、いつも剪定枝などをストーブの薪に貰っている、近所の梨園の方から電話があった。
なんでも、同業者の方で梨の木を伐採された所があり、切った木の引取先を探しておられるので
案内してくれるとのことだった。

その梨園に伺うと、足を悪くされたおばさんが出てきて、いろんな話しをしてくれた。

ここの梨園は、以前は観光梨園として、そこそこの規模の農園を経営されていたそうで、10年ほど前、ご主人がお亡くなりになり、それ以降、梨園を続けることができなくなったそうだ。
二人の息子さんがおられるそうだが、二人とも独立して梨園はされていない。
大きく育った梨の木は、人の手が入らないので、以前のように美味しい実を付けることもない。

梨園をされていたころ、周りは畑や田んぼばっかり。
今は新興住宅に囲まれ、沢山の家が梨園の周りにできた。

戦後、ご主人と二人で荒れ野を開墾され、観光梨園として一時は栄えたここも、後から移り住んできた人から、畑の枯れ葉などが飛び散るなどと、苦情を受けることになってしまったと、寂しそうに話されていた。

今となっては後継者もなく、今生えている梨の木を全部伐採して、駐車場にでもするしかないようだ。

帰り道、紹介してくれた人が、本気とも冗談ともとれる言い方で
“moriさん、梨園やったら・・・?”と。

f0053342_10132169.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2010-06-03 16:32 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/13878993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-06-03 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きゅうりや at 2010-06-04 04:46 x
いい話ですよ。人生転機のチャンスかもしれませんよ。協力しますよ。
Commented by 紫親父 at 2010-06-04 07:39 x
西洋毛鉤さん おはようございます
薪貰えるからいいですよねぇ 梨園かぁやりたいけど大変ですねぇ
Commented by heboheboy at 2010-06-04 12:16 x
かなり遅れましたが、展示会の成功おめでとうございます!!期間前から何やら充実した雰囲気が伝わってきておりました…残念ながら見に行けませんでしたが次回はきっと!!(笑)自分は(写真展)来年になる予定です…要
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-06-04 17:55 x
鍵コメさん、ブログURLの件了解です。

Commented by 西洋毛鉤 at 2010-06-04 17:58 x
きゅうりやさん、こんにちは。

“いい話” ですかね?
“きゅうりやさん” が “なしやさん” に転向っちゅうのはどう?
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-06-04 18:00 x
紫さん、こんにちは。

梨園、ちょっと魅力ですね。
でも私には、落花生ぐらいがちょど良さそうです(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-06-04 18:02 x
要さん、素人展ですが、
普段の見る側から、展示する側になると
少し大変ですが、いっぱい面白いですね。

要さんの写真展、楽しみですね。
<< 神輿をかつぐ楽しさ 『三人のフライフィッシング展』... >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31