釣り場まで
久しぶりの釣行に、早朝から気合いが入る。

朝起きて、顔を洗うのもそこそこに、車に釣り道具を積んでいると
となりのおっさんが、一足早く家を出て私の車の横を通り過ぎて行く。

慌てることもないのに、かってに焦って車を出し、おっさんの後を追いながら、

「え”~っ!おっさんも釣りかいな。釣りなんかしそうに見えんのになぁ・・・」
「ひょっとして職場のだれかに誘われて、今日初めての釣行で渓流デビューとか・・・・」
「それもワシが行こうと思ってるあの谿で・・・・」

などと、前を行くおっさんの車に向ってぶつぶる言っていると、ますます焦ってくる。
「絶対どっかで抜かしたんねん・・!」
と、追い越し禁止が解けるのを、まだかまだかと思いながら運転をしていると、
交差点でおっさんは左の指示器を出し、私は右に折れた。

「盆栽が趣味のあのおっさんが、釣りなんてわけないわな・・・」
と思い直しつつも、隣のおっさんが一瞬、釣り師に見えた自分が情けない。

高速に入り、窓を閉め音楽を聴きながら、快調に走っていると
こんどは、タンクローリーが前を走っている。
私の好きなステンレスピカピカのあのタンクローリーだ。
ステンレスのタンクローリーの最後部は、凸面鏡のようになっていて
そこに映る自分の車と周りの景色を見ていると、私はいつも
意識がタンクの内と外を行ったり来たりしているような、へんな錯覚に陥る。

「え”~っ!このおっさんも釣りかいな・・・」
「あの谿に上に牧場でもあって、絞った牛乳の集荷のついでに釣りでもすんのんか?」
「そやけどあの林道をこのタンクローリーで登るちゅうのはちょっと無理ちゃう?」
「牛乳がチーズになってしまうでぇ・・・・」
などと、タンクローリーの凸面鏡に吸い込まれそうな意識の中でぶつぶつ言っていると、
またまた焦ってくる。

タンクローリーは次のICで高速を降りた。
タンクローリーが林道を登る様子を一瞬想像した自分が情けない。

目的地近くのICで高速を降り、友人との待ち合わせ場所の道の駅に向う。
すると今度は、地元ナンバーのジムニーが前を走っている。
リヤウィンドにはハーディのロゴのシールなんかが貼ってある。

「え”~っ!こいつは絶対に釣りやな。絶対こいつもあの谿に入るんや。最悪やんけぇ!」
「道の駅なんかに寄って、時間を食って場合やないねんけどなぁ。」
「ほやから待ち合わせの時間を、もう1時間早うしようて言うたのに!」
とハーディのロゴに愚痴っていると、そのジムニーも道の駅の駐車場に入って行った。

私も続いて入り、ジムニーとそれ程遠くない場所に車を止めると
ジムニーからは友人が降りてきた。

釣り場まで、見る人・出会う人・前を行く車、みんなが釣りに行く様に思える。
それも、私が行こうとしているあの谿に。
[PR]
by seiyoukebari | 2010-07-28 18:00 | いろはにほへと | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/14269438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 天女魚庵・店主 at 2010-07-28 23:24 x
半分笑えて、半分ほのぼのとしたハナシですね^^ センス良すぎです。 

シーズンも盛期になってきましたが、また行けそうな日を教えてください!



Commented by 西洋毛鉤 at 2010-07-29 09:06 x
天女魚庵さん、半分本当の話で、半分作り話です。

でも、いつも釣り場までの間、思うんですよね・・・・・
見る人・出会う人・前を行く車、みんなが私が行こうとしているあの谿に行くんちゃうやろかと。
Commented by yamada at 2010-07-29 12:47 x
思います。ランクルなんかにものすごい勢いで抜かれるとあぁぁ!ってなります。
目的地に近づけば近づくほど道端に止まってる車がみんな釣り車に見えます。
でもそんな風に焦ったり、考えて運転するのもけっこう楽しんでますよね。
帰りの運転より全然マシ。

もう随分釣りへ行ってないから行きたいなぁ~。去年の10分の1も行ってない。
Commented by Jasse at 2010-07-29 14:02 x
私もダラダラと。
Hardyのシールより、もっともっと大切なシールをボロボロになっても張ってたんよ。
ところが、前回の車検で車屋さんに、きれいに剥がされてもた~。

前を走る車が、釣行に見えるとは師匠はまだ若いです。
ワシも若いころ林道でよく追い越したもん。
それよりも、林道に止まってる車。
釣り人なら、せめて釣り関係のシールを張ってほしいなぁ。
いつぞや、師匠と解禁日に、つららのぶら下がってるマイリバーに行った時。
軽トラが入径口に。。。山師さんの車と思い入渓しましたなぁ。
反応はなく、そろそろ出ようとすると、上流から70歳ぐらいの老釣人が・・・。
老人「今日はさっぱりや!!こんな日はあかんでぇ!!」
師匠「ボウズですか?」
老人「いや40匹だけや」
ワシも昔話をするようでは老釣人やなぁ。

では先日の話・・・前を走ってるタンクローリーに貝の絵が描いてあってなぁ。
潮干狩りで有名な我が海岸のほうに走っていたがな。
Commented by コム at 2010-07-29 17:48 x
最近は早朝バリバリの釣行をあんまりしてないんで、釣り場に行って空いてる区間に入れたら良いや的な釣行ばかりになってます。
先行されてもしゃあないなぁと思えるほどには、まだまだ人間できてませんが(汗)。
先行よりも魚を抜くのを止めて欲しいです。
抜かんかったら来シーズン一廻り大きい魚が釣れるかも知れんのにね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-07-29 17:51 x
yamada さん、こんにちは。

>帰りの運転より全然マシ・・・・
確かに。
帰りの運転ですれ違うと、
こっちはボウズで帰るのに、これから夕まづめかぁ・・・・
なんて、羨んだり(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-07-29 17:57 x
Jasseさん、こんにちは。

確かに釣りで渓流に止めてる車には、それと解るリールくらい貼ってほしいですね。
できれは、入渓時間とどこまで釣り上がる予定とかも、紙に書いておいてほしいところです。

>前を走ってるタンクローリーに貝の絵が描いてあってなぁ・・・・
それって、ガソリン積んでるタンクローリー??
ひょっとして、伊勢の銘菓 ”シェル・レール” の原料タンクかもしれんよ(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-07-29 18:01 x
コムさん、白馬の休日、楽しまれたみたいですね。
私も来週行ってこようかな・・・・イブニングポイントに(笑)

会社の近くのお好みやのにいちゃんに、
渓流釣りに連れって行ってくれとせがまれています。
彼は、釣った魚を串刺しにして焼いて食べるのが夢や言うてます。

気持ちは解らんでもありませんが、
綺麗なアマゴを締める勇気は、私にはもうありません。
Commented by ウラケン携帯 at 2010-08-03 19:43 x
毎度です~。いやーその気持ち分かります。私も他の車が気になって…釣り場に着くまで誰もいないようにと祈りながら走ってます。
Commented by 西洋毛鉤 at 2010-08-04 18:02 x
ウラケンさん、やっぱり焦りますよね、前の車が釣りっぽいと(笑)

私なんか行き先が愛知川でも木曽でも北陸でも同じです。

たぶん、北海道に行くとしても・・・・・
Commented by daikyu at 2010-08-05 21:57 x
昔秋田の渓でジムニーがやってきたので地元のオジサンかなぁ?なんて
思ってたら下野から駆けつけた仲間でそんな話したらそれがきっかけで
車のグレードアップした事思い出しました(笑)400kmジムニーで来るとは
思わなかったのですが・・・・・思い込みはいけません!

Commented by 練馬の住人 at 2010-08-08 01:26 x
ボクもその気持ち、よーく判ります!
そこが沢山のポイントがある渓なら問題はないのでしょうけれども、入渓点と脱渓点が限られている川ですと・・・ですね。
そんな「先やられた~!」っていう事、過去に多々経験してます。
それ以来、夜掛け移動していたんですけど・・・中年になって辛く感じてきちゃいました(泣)
Commented by seiyoukebari at 2010-08-08 10:33
daikyuさん、白馬に行ってきましたよ。
松川の下の方に少しだけはいり、そこそこ反応はあったのですが
ランディングには至りませんでした(笑)

でも、白馬の方も沢山川があり、信州はいいとこですね。
Commented by seiyoukebari at 2010-08-08 10:36
練住さん、お互いまだまだ修行がたりませんね(笑)

>夜掛け移動して・・・・・
確かに体力的にきついですね。
最近は、ゆっくり出て、夕まづめ狙いです。
<< キャップ&リング 二本の「Spliced Joi... >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30