北花沢・南花沢のハナノキ
地元東近江市北花沢町と南花沢町のハナノキを見てきた。
この木は“ハナノキ”という名前の木で、長野・岐阜・愛知・滋賀の4県にのみ自生し
春先、芽吹きの前に赤い花を咲かせるらしい。
そして秋も鮮やかに色づくとか。

この季節、花も葉もなく趣に掛けるが、木そのものの大きさや枝ぶるをみるには
一番良い季節のように思える。

北花沢のハナノキは、太い幹に大きく広がった枝がすばらしい。
何本もの支え木に助けられてはいるものの、今もかくしゃくと立ってる。

f0053342_14215812.jpg

f0053342_14221555.jpg



南花沢のハナノキは、明治以来度々の大風で破損したらしい。
今は、脇枝が太く育っている。
そして破損した幹は今も大切に保存されていた。
f0053342_14225641.jpg

f0053342_14231045.jpg

f0053342_14251612.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2010-12-25 11:46 | 樹訪記 | Trackback
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/15150676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 瘤 C&R >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31