イワナの話
先日、愛知川塾主催の「愛知川の勉強会」というのに参加してきました。
愛知川塾というのは、私の地元を流れる琵琶湖流入河川のひとつである愛知川(えちがわ)を
その周りで生活している人の手に取り戻そうと、いろんな活動をされている集まりです。

今回の勉強会のお題「愛知川のイワナ」。
講師に滋賀県水産試験場の亀甲武志氏を招かれての、
非常に興味深い話が聞けました。

去年の勉強会のお題は「ビワマス」。

第一線で研究されておられる方の話を伺える機会はあまりないので
鱒族ファンの一人としては、貴重な時間でした。

今回の話の内容は
 ・世界のイワナの仲間
 ・琵琶湖水系のイワナの話
 ・水産資源としてのイワナおよび在来種の保護
と行ったところです。

私が特に興味を持ったのは、イワナの分類についての話でした。
現在日本では一般にイワナは、アメマス・ニッコウイワナ・ヤマトイワナ・ゴギの
4亜種に分類されているそうです。

しかし【ミトコンドリアDNDの塩基配列解析】とかいう手法で遺伝的関係を調べた結果
このような4種類に分類したイワナでは、遺伝的な特徴はなく、
単に体色や斑点の相違により見掛けで分類されているだけという事でした。

遺伝的な特性からみた場合、日本のイワナの中では、
奈良県のクチキリと琵琶湖水系のイワナが
明らかに他地域とは異なる進化をしていることも判明したそうです。

イワナは遺伝的特性とは別に、変異が著しい魚のため、
地域・河川・支流により、見掛けの異なるものが現われるようです。

遺伝的に「ヤマトイワナ」だの「ニッコウイワナ」だのと
区別することは何の意味も無い事であったとしても、
イワナは棲む環境によって容姿を変化させて生きています。
イワナの遺伝的多様性を守るには、地域・河川ごとの保護(放流)ではなく、
支流・区間ごとの保護が必要となってくるようです。

在来種の保護、遊漁、水産資源の確保といういろいろな面から
渓流魚の管理・放流を考えるとやはりゾーニングという方法が一番現実的なところのようです。
[PR]
by seiyoukebari | 2011-04-08 17:49 | いろはにほへと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/15658463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jasse at 2011-04-09 18:35 x
いい勉強になりました。
【ミトコンドリアDNDの塩基配列解析】な~~。
渓ごとに違うのは、見かけだけなんや。
きっと性格も違うんやろなぁ。

愛知川の師匠と宮川の僕みたいなもんや。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-04-10 10:55 x
Jasseさん、こんにちは。

>渓ごとに違うのは、見かけだけなんや
そうらしいです。
葉っぱについてるアマガエルがあおいのと
壁についてるアマガエルがちゃいろいのと
くらいの差ですかね。
Commented by コム at 2011-04-12 08:54 x
非常に面白そうな話ですね! 聞きたかったなぁ~
いつか県内の岩魚をテーマに釣りをしてみるのも面白そうと思っているのですが。
でも今はヒノキの花粉が・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-04-13 15:44 x
コムさん、こんにちは。

「愛知川塾」なかなかローカルな集まりですが、
毎年、魚の先生を講師に、興味深い話をしてくれます。

>内の岩魚をテーマに釣り・・・・・
テーマを持った釣りちゅうのはいいですね。
永源寺のアマゴの調査釣行も楽しかったですね(笑)
<< 注文 単位 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
帽子かぁ・・・・ 暇つ..
by 西洋毛鉤 at 09:22
なら帽子でええやんw
by 店主 at 23:32
terryさん、これ今年..
by 西洋毛鉤 at 20:10
へぇ、意外に工程は簡単な..
by tokyo_terry at 23:31
記事ランキング
ブログジャンル