小鮒釣りしかの川
初めて魚を釣った竿は、真竹の延べ竿だった。

夏休み、ラジオ体操からの帰り道、近所の遊び仲間と
「今日は釣りに行こう!」と誘い合せ、
宿題の『夏の友』を少しだけ進めて、家を飛び出す。

ミミズを入れる空き缶と
仕掛けを買う少しの小遣いだけを持って
集合場所に走った。

友達はだれも竿を持っていない。

近くのゴミ捨て場でシマミミズを捕り
ゴミ捨て場の近くの駄菓子屋さんで、
今日使う釣りの仕掛けを買う。

おやつを一緒に買った記憶はない。
たぶんお小遣いにそんな余裕はなかった。

釣り場は【布施の溜】から流れ出る川と【布施の溜】。
この川を釣り上がって最後は【布施の溜】で大物を狙うのが、
夏休みお決まりの釣行行程だ。

f0053342_1852189.jpg


釣り場までの途中で竹藪に寄り、
竿に良さそうな竹を探して
だれかが持ってきたのこぎりで竹を切出し、
枝を払って竿にする。

曲りくねった真竹の延べ竿。
当然焼きも入っていないのでヘロヘロ。

f0053342_18531274.jpg


それでも、フナやカワムツ、オイカワ、ドジョウにザリガニ、
たまにはナマズやカメまで釣れた。

ザリガニとアザミの花の虫は
現地調達の餌になった。

【布施の溜】から流れ出る川では沢山の魚たちが釣れたが
【布施の溜】で大物が釣れたためしはない。

日が暮れ、仕掛けを上げる。
竿はいつもどこかに捨てて帰った。

そんな釣りを思い出しながら・・・・(続く)
[PR]
by seiyoukebari | 2011-03-20 18:55 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/15687701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コム@関空 at 2011-03-21 10:40 x
ボクも当時から竹竿を使ってる釣り少年でした。
まだ缶コーラが90円だった頃、鉛の噛み潰し錘を買ってから釣りに行き、しばらくしてあまりに喉が渇いたのでコーラを買おうとしたら89円しか無かった事を良く覚えています。
カワムツばっかり釣ってましたが、珠にフナが釣れると嬉しかったなぁ~
友人の文治君がごっついスッポンを釣ったときは大騒ぎでした。
懐かしいなぁ~
そんな昔の懐かしい風景や光景を思い出してると、被災地にも長閑で平和な日々があったのだろうなと思い悲しくなります。
Commented by Jasse at 2011-03-21 11:51 x
師匠の時代もあったんですね。
駄菓子屋さんのセロファンに入った釣り具セット。
子供でも買える値段。
あとは自分で竿と餌を調達。
釣りの原点ですね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-03-22 15:45 x
コムさん、こんにちは。

なつかしい故郷の風景、
ましてやさっきまで暮らしていた街の風景が
突然一変してしまったら・・・・・

ほんとうに、悲しいですね。

無力感の中で、私にできるのは、
”自分にできることをコツコツと” です。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-03-22 15:49 x
>釣りの原点ですね。

そうですね。
釣りにしても遊びにしても
自分で考えて、いる物はできるだけ自分で作って。

自分のお金で買うのと
自分の手で作るのとでは、
やっぱり根本的に違いますね。
Commented by yamada at 2011-03-24 13:00 x
まさか
次の作品は
「使い捨てバンブー・・・?」
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-03-24 13:45 x
yamadaさん、こんにちは。

>まさか次の作品は「使い捨てバンブー・・・?」
流石yamadaさん、半分正解!(笑)

あと半分は、使い捨てバンブーに似合う・・・?
<< 小鮒釣りしかの川 (竿作り) 荒削り用鉋 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31