薪割り

歯が立たないというか、
刃が立ったというか、
腹が立つというか。
f0053342_10222622.jpg

薪は割れず、
腰が壊れた。


[PR]
by seiyoukebari | 2011-04-21 10:23 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/15847731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamada at 2011-04-21 12:45 x
もしかしてコレが薪ですか?いやコレは台の上の台ですよね?
コレ割ろうとしたんですか・・・・周りの散らかり方から察するに何本か割ったんですね。
あぁ想像するだけで腰が痛くなってきた。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-04-21 15:38 x
yamadaさん、これが薪です(笑)

これくらいの太さでも、斧で真っ二つに綺麗に割れるものもあるんですが、
枝の痕跡があったり、繊維が捻れていると、まったく歯が立ちません。

そんなときは、台の周りに転がって写っている(赤と黒の)クサビを
打ち込んで割るのですが・・・・・・なかなか割れません。
Commented by コム at 2011-04-21 17:01 x
これはなんぼなんでも大変でっせ。
ほんま、蒔とちごて台そのものですやん。
無理は禁物ですよ。 釣りに行けんようになりますよ。
あ、雨降ったら削らしてもらいに行きますね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-04-21 17:31 x
コムさん、なんのなんの。
これくらいの木は “パコンッ!” って割らな、
ストーブは焚けません(笑)

雨降ったら、来てください。
<< 水と渓魚の三人展(モンベル名古屋店) 注文 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31