One & 2/3
f0053342_15364979.jpg


この竿は、初釣行で増水した川を渡る時に沈して折ってしまった。
フェルールの下で真っ二つに折れた竿は、
フライと共にTipが増水した流に飲み込まれてしまった。

それ以来放置していたが、色々な試みをした竿だったので
Tipを作り直す事にした。

近所に生えていた丸節竹を使って
あえて節ずらしをせず、エナメル面も剥がさず、
カシューを拭き塗りし、ラッピングは紺の木綿糸を使い
グリップは集積コルクに籐巻をして
素朴な竹の質感を持った竿を作ろうとした。

で、折れた箇所はやっぱりと言うか節のところ。
節ずらしをしておけば、折れる事は無かったかもしれない。

フェルールの下で折れたため、Tipを少し長く作りなおし、
レングスは元の竿の通り、7ftになるようにした。

出来上がった竿は、One & Half ならぬ One & 2/3。
[PR]
by seiyoukebari | 2011-05-09 15:38 | バンブーロッド | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/15942430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamada at 2011-05-10 12:48 x
ロッドを折りティップを流すほどの沈。

すさまじいですね。

沈は他人事ではないので考えただけで怖い。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-05-10 13:10 x
yamadaさん、こんにちは。

増水した川で、ちょっとしたプールの上の縁を歩いて渡ろうとして
竿もろとも、プールに落ちました。
手元に残ったのは、フェルールより下で折れたButtのみ・・・

この竿、オリジナルのテーパー(トンキン)は#5なんですが
丸節で作ると#2くらいのベロベロの竿になって、
ほとんど使い物になりません(笑)
Commented by Jasse at 2011-05-13 02:29 x
僕も今年作ったOne&Halfの竿がいまだ入魂出来ない状態です。

でも、無い時間を割き。
名古屋は栄のモンベルに師匠の展示会を見に行ってきました。
感想文を書いて箱に入れようとしたところ。
あふれんばかりにいっぱいで・・・
隙間にクシャクシャに丸めて詰め込んできました。
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-05-13 12:08 x
Jasseさん、
私のOne & 2/3は今カシューで拭き塗り中です。
拭き塗りでも結構綺麗に塗れるので
自分用の竿では十分ですね。
それに、私、カシューの匂いが大好き(笑)

>無い時間を割き・・・
ありがとうございます。

>あふれんばかりにいっぱいで・・・
情報ありがとございます。
出展者が会場の様子を見に行けてませんので
この週末にterryさんに様子を見に行ってもらいます。
<< 『川と湖の回遊魚 ビワマスの ... 水と渓魚の三人展(モンベル名古... >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31