ミズナラの木
今シーズンの最終釣行で出会ったミズナラの木。

f0053342_19462583.jpg


樹高18.2m、幹回り7.25m、樹齢は推定300年余。

手入れされた広い場所に、この樹だけが大きく枝を広げていた。
樹皮に手をあてがい目をつむると、自然と力が抜ける。
木の下には祠があり、地元の方々が大切にされて来たことが伺える。
[PR]
by seiyoukebari | 2011-10-03 12:19 | 樹訪記 | Trackback
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/16623493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生水(しょうず)の郷 清々しさ >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31