インナーコアロッド

竹は、外側(表皮に近い方)に反発力をもつ繊維が集まっています。
内側には反発力をもつ繊維はなく、竿を作るときは、外側を残して
内側を削っていきます。

中空ロッドはこの内側の反発力のない部分を削りとって
ストロー状にして反発力を得ようという竿ですが、
この空洞となった部分に、別の反発力をもつ材料を
芯(コア)として詰め込んだ竿もあります。

これがインナーコアロッドと言われているもの。

芯には、木(杉)や竹の外側が使われます。
杉を芯に使ったものは、シダーコアロッド、
竹を芯に使ったものは、ダブルビルドロッドなんて呼ばれています。

先日、接着を終えた中空ロッドは、
いくらかの接着剤が空洞となるはずの部分にはみ出して
中空ロッドにならず、グルーコアロッドになっていないか心配です。
[PR]
by seiyoukebari | 2011-12-01 10:47 | バンブーロッド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/16894106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お気に入り 熱気球琵琶湖横断レース 2011 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30