竹フェルールに変更
竹筒滑包式そぎ継の竿を、竹筒の代わりに本来の(?)spliced jointed rodの様に、テープを巻いて留めて振ってみたら、抜け止め防止用に施したタボの穴の所で折れてしまった。
f0053342_17574597.jpg

そのままでは使えないので、竹フェルールを付けてみることにした。
竹フェルールは初めて作るので、はたして使い物になるか楽しみだ。

f0053342_16311932.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-02-25 17:59 | バンブーロッド | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/17238628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jasse at 2012-02-25 19:28 x
竹筒をブランクに張りつけるわけですね。
ブランクはsplicedのままで、
つまり移動式が固定式になると考えていいのかな。

結果が楽しみです。
Commented by 店主 at 2012-02-25 21:29 x
真竹に竹フェルール…ますます日本的な味付けになってきましたね。もう少し暖かくなったらお誘いしますので、振らせて下さい。

西洋毛鉤さんの秘密の川、釣り始めにどうですかね?
Commented by 西洋毛鉤 at 2012-02-26 10:29 x
Jasseさんご指摘のとおり
ブランクはsplicedのままです。

竹フェルールの中をsplicedしているのは見た事ないので
案外瓢箪から駒かもしれません。
Commented by 西洋毛鉤 at 2012-02-26 10:31 x
店主さん、私に秘密の川なんてありませんよ(笑)

今日もこっちは雪が舞ってます。
いつまでも寒いですねー
<< 焙烙(ほうろく) 大きな柿の木 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31