最近気になること----いじめ
最近気になること
  
やっぱり世間を騒がしている「いじめ」ですね。
いじめられながら、それでも毎日学校に通っていた
被害者の気持ちを察すると、胸が痛みます。

この事件で気になる事はいっぱいあります。
その中でも気になるのが・・・・・・・
原因調査が十分でなかったことを指摘された教育委員会や学校の言訳です。

「加害者の人権も考慮して調査を慎重に進めた結果・・・・云々」

犯罪加害者の最大の権利は、自分の犯した罪を認め、謝罪し、償い、
社会復帰することとちゃうの?!
「人でなし」が罪を犯し、その罪に気づき償い、「人」に戻る権利を奪っておいて
何が、「加害者の人権も考慮して・・・・」やねん!
自分たちの都合で事件を穏便に葬ろうとしたあなたたちが、
加害者の人権すら奪い取ってるんやろ?

もう一つ気になるのは
教育現場の人たちが、警察が学校に入るのを異常に拒む心理です。
だれがどこで人を傷つけようと、犯罪は犯罪です。
犯罪を犯さない子を育てるのが教育現場かもしれませんが
犯罪を処理するのは教師ではなく、さっさと警察等の力を借りたらええのとちゃうの。

教師は、自分たちの学校で、自分たちの生徒が犯罪を犯すことで
教師自信もしくは学校・教育委員会が否定されるとでも思うのでしょうか・・・・
それとも世間で言われているように、自分たちの評価が第一なんか?

閉鎖された教育現場のなかで、様々な問題に対応しなくてはいけない
現在の教師は大変な仕事だと思います。

教師は子供の学力向上に専念する、スペシャリストであるべきじゃないでしょうか。
学校で起こるさまざまな問題は、
それぞれの問題を解決するカウンセラーや警察も含めた
いろんなスペシャリストの力で対応できる学校にしないと、
教師だけではいつまでも、いじめはなくせないし、
健全な教育もできないのではないでしょうか。

教師に過大な期待をするのは親の無責任です。
教師が授業以外の様々な業務を抱え込むのは、
教師のがんばり過ぎというか・・・・・・

様々な問題が起きる現在の学校では、
「教師」は勉強を教える人であって、もう「先生」ではありえないのです。

この問題は、学校の教師達が、
自分たちの事を「先生・先生」と呼び合ったり、
保護者が教師を「先生・先生」と呼んでいる間は
解決できないような気がします。


f0053342_16311932.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2012-07-18 10:38 | いろはにほへと | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/17773355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コム at 2012-07-18 18:25 x
ボクも父兄の一人ですが、いつの頃からか子供達の担任はボク等よりも年下、それも学校出て直ぐに先生になった言わば世間知らずな若輩者ばかりで、そんな人達でほんまに大丈夫なんか?と常々思っておりました。 
そんな世間も知らん若輩者が、生徒に子供に、社会の人生の何を教えられるんかと。
そんな若輩者から見たら、ワシ等の方がほんまは先生なんちゃうんかと。

学校とか教育委員会という閉ざされた特殊組織だけでは、もはや限界が来ており、根本的な考え方、そして仕組みややり方を変えて行かねばならない時が来ている、いや、とうの昔から来ていたのではないでしょうか。
ボク達のような親だって手探りで子育てしている、してきたのであって、もはや世間も知らん教師なんて昔も今も聖職でも何でも無い存在なのだという事を認めなければならないと思います。
これからは地域の人やスペシャリストの力を集めて、大人が子供達を育てていくという学校に変わっていかないと、変えていかないとあかんと思いますね。
Commented by コム at 2012-07-18 18:31 x
↑ 頑張ってはる素晴らしい先生が居やはるのも知ってますし、敬意も払っています。
それでも個人の力では変えられないでしょう。 
子供を育てるのは親、つまり大人の責任ですし、社会全体がもっと興味を持って議論を重ねる必要があると思いますね。
きっと1ヶ月もすればホトボリが覚めたように報道も無くなって皆が忘れてゆく、何時から日本ってそんな国になってしまったんでしょ?
Commented by 西洋毛鉤 at 2012-07-19 09:31 x
私の友人にも教師の方がいますが、話を聞いていると実に多忙らしいです。
要するに本来の仕事である「教える事」以外の雑用?が山ほどあるらしいです。
そんな中でやりたい授業ができず、評価されてたらモチベーションも下がるのかもしれません。

現状では、次第に教師が子供に向かい合う時間が
少なくなってしまっているのかもしれません。

学校の先生が教師になるためにも、
カウンセラーやお医者さん・警備員さん・クレーマー対応担当係などの
専門職の方に加え、保護者・地域住民等々の力を結集して、
運営できる学校になるといいですね。

コムさんの言うように、ホトボリが覚めるのをじっと待っている
先生も沢山いるんやろやぁ・・・・・
Commented by Jasse at 2012-07-19 20:24 x
おっしゃるように、校内ですら教師だけで教育は無理ちゃうかなぁ。
教え方、育て方は一つではないし、生徒の人格形成まで一人に負わせるのは無理。
教師に頼らず親がもっと教える事も育てる事も受け持たないと。
いじめは教師一人の責任ではないと思うし。

スウェーデンの息子に聞いたことがあります。
息子の学校では、教職員ではなく生活指導専門の職員がいます。
鬼軍曹で日本以上にとても厳しいらしいです。
でも、自分の生徒が問題を起こした時は、責任を取って徹底的に生徒を弁護してくれるらしいです。
息子も警察に誤認で捕まった時は、すごくかばってもらったらしい。
これだといじめた生徒をも弁護することになってしまうけど・・・
この制度が良いか悪いかは解りませんが、
いじめた生徒も、自分の教え子であるわけだし
親を含め教師や教育委員会は責任をどのように取るかを解ってるんかなぁ。
Commented by ふくちゃん at 2012-07-19 23:22 x
我社には、教師間でイジメにあった元教師がいます。
Commented by 西洋毛鉤 at 2012-07-20 09:38 x
Jasseさん、こんにちは。
こっちは相変わらず毎日、最高気温は35℃、
最高湿度は95%以上です。

>いじめた生徒も、自分の教え子であるわけだし・・・・
ほんまその通りです。その子が本当にいじめをしていたとしたら
その子に犯した罪を意識させる機会と、償う場を奪ってどないすんねん?!

私の書いた稚拙な文章に、
みなさんが真剣にコメントくださる事に感謝です。

こんだけみんながいろんな事を真剣に考えているのに
世の中がなかなか変わらないのが不思議です。

これはやっぱり日本の仕組みの問題としか思えません。

教育現場で不祥事が起きたら、現場の教師・教育委員会・市長が謝罪し
その教育環境を作ってる文部科学省のお偉方が、調査に来んねんて。

ほんまは、こんな教育の仕組みを築き、守ろうとしてる
文科省の事務次官が一番に謝罪せなあかんのとちゃうの?
Commented by 西洋毛鉤 at 2012-07-20 09:43 x
ふくちゃん、蒸し暑いなぁ。
うちのワンコはもうヘトヘトで、
ちょっとでも涼しいとこ探して、
一日さまよってます(笑)

>教師間でイジメにあった元教師がいます・・・・
どうなってんにゃろなぁ。
生徒の事を第一に考えてたら、そんな暇ないと思うけどな・・・・
<< 永源寺の河原でBBQ 新規開拓 それとも 実績のある川 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30