標高1200m辺り
 
トンネルを抜け、峠を越えて標高1200m辺りを流れる谿に行ってきた。
標高が高いだけあって、流石に涼しい。

連日35度を超える中で生活していると
冷たい水が流れる川の中は本当に気持ちがいい。

梅雨が明け既に数日がたち、激しい暑さが続いているので
渇水を心配したが、水量はいつもより多いくらいだった。

植林もされてなく、深い自然林から流れでる谿は、
夏のイワナ釣りには最高・・・・・・だが、今日の狙いはおおきなアマゴ。

前日の夕方、黒くて大きなフライを、汗をだらだらかきながら巻いた。
そして今朝、気合いを入れていつもより30分だけ早く出発してきた。

f0053342_1019665.jpg


目的の谿についてみると、先行者の車が何台もとまっていた。
変に気合いを入れて来ただけに、ちょっとがっかり。
入渓点を探し、入ったところですぐに綺麗なアマゴが釣れたが
その後は鳴かず飛ばずと言うか、反応せず飛び出ずと言った感じで
最後に入った区間には新しい足跡があり、さっぱり。

でも、定位しているイワナを見つけて釣り上げたりばらしたり。
良い型のイワナが背掛りして、ロッドを引き込まれ大あわてしたりで
厳しくもいつものように楽しい釣りができた。

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2013-07-12 10:29 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/19989604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2013-07-13 22:09
sisyou、こんばんわ!!
夏らしい青空の下で楽しい釣りができたようですね。
で、例の大きいのがいると言ってたおっさんの言葉は
本当でした?(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2013-07-15 10:43 x
terryさん、おっさんの言葉はやっぱりウソでした(笑)

でもあの堰堤の下で、良い型のイワナが出ました。
それも待望も背掛りで、ロッドの先が堰堤のプールに
ズコンっと引き込まれ、ビックリしました、

Commented by ふくちゃん at 2013-07-15 14:21 x
また、申し訳ない日に行ってない(ー ー;)
Commented by 西洋毛鉤 at 2013-07-15 20:01 x
イッテル、イッテル~!
<< 夏バテ ごくらく・ごくらく >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31