煤竹のフックリリーサー
 
作業小屋の片付けをしていたら、煤竹の切れ端が出てきた。

煤竹で作られた茶道具などは、なんともいえない色合いで
茶杓なんかはお茶など習ったことのない者でも、手元に置きたいと思ってしまう。

あの色艶はどうやったらでるのか。
以前から煤竹の磨き方が気になっていたので、ネットで調べてみると
古い茅や藁でみがくと良いと、書いてあったのでやってみた。

f0053342_9362942.jpg
右が磨く前で、左が磨いた後。
数十年かそれ以上、毎日いろりやおくどさんの煙で燻されていた竹が、綺麗によみがえった。
このまま箸にして使えそうだが、またまたフックリリーサーにしてみた。

f0053342_9363883.jpg
なかなか渋い。
それこそ茶杓を思わす雅なフックリリーサー。

そこそこ綺麗に仕上がってはいるが、今ひとつ色艶が足りない気がしたので
近所の竹屋さんに電話して煤竹の磨き方を聞いたら、丁寧に教えてくださった。

竹屋さんからの教えは・・・・・・
  一、水をはった桶に籾殻を入れ、濡れた籾殻で汚れを落とす。
  二、乾かす。
  三、火であぶり、布で磨く。
    くれぐれも磨きすぎず、炙りすぎず。


最近はちょっと解らないことがあったら、すぐネットで調べてしまうが
はじめから竹屋さんに聞けばよかった・・・・・
やっぱり職人さんの生の声はちゃうなぁ。



f0053342_16311932.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-01-18 18:28 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/21276649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 店主 at 2014-01-19 00:35 x
竹は竹屋に聞けって事ですね。最後のひと言、グッときました。だから僕にもsisyouの生の声が必要なのです(笑)
Commented by tokyo_terry at 2014-01-19 11:40
sisyou、こんにちは!
節の位置がちょうど良い感じですね。
釣りができない冬場もハンドメイドが楽しめて良いなぁ。
何も作れないボクのオフはジテンシャ遊びばかりです^^;
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-01-20 13:16 x
店主さん、
先日Trim Wrapのやり方をYoutubeで観て、
がんばった練習してます。

いろんな方にやり方を聞いてはいるのですが、いまいち綺麗にできません。

近所のビルダーさんから教わってきてください。

Commented by 西洋毛鉤 at 2014-01-20 13:17 x
terryさん、渋いでしょう~!

手触りもしっくりと良い感じです。
Commented by Jasse at 2014-01-23 21:36 x
前回のポストが何か分からず、今回でわかりました。
フックリーリーサーってこんなんなん!!!!
どやって外すん???
昔、自己流でフックリリーサー作ったがFaceBookに最近作ったようにしてアップしとこ。

ワシのスーパートリムラップグリップはどや???
なんでも挑戦でっせ。
ほんまは銭けちって・・・余計に出費です。
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-01-24 12:07 x
Jasseさん、どっかのサイトでフライラインを輪っかにして
その中に釣った魚を通し、リリーサーとして使うのが紹介されていてて
去年釣り場で試したところ、そこそこ役にたったので
解禁に向けて、それなりのリリーサーを作ってみました。
たぶん、フォーセップより使い物になると思います。

>スーパートリムラップグリップはどや???
私は遠慮しときます。
<< And sometimes t... 柿のフックリリーサー >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31