晴れの日の合間に PM3:00 ~PM7:00

不幸中の幸い。
落とした柳ごおりの弁当箱は見つかり、
友人を噛んだヘビはアオダイショウ。

仕切り直して、釣りを続けるが雨脚はさらに強まり
やむなく脱渓することにした。

f0053342_13553538.jpg

林道に上がり、手元に戻っだおにぎりを食べながら、休憩していると、
友人がこの少し上流に、去年いい型のアマゴを釣ったポイントがあるというので、
雨の中、そのポイントを見に行った。

林道からそのポイントを見下ろすと、確かに何匹ものアマゴが確認できる。
なかにはかなり大きいものもいる。
ライズしているものもいる。
岸際には何匹ものアマゴがゆらゆら。
流芯には時折大きなアマゴが浮かんで捕食している。

魚をみていると、雨が上がった。
これは、釣るしかない。

ポイントの少し下流から入渓し、まず友人が流芯にキャスト。
フライは何事も無く手元まで流れてきた。
もう一度流芯に。
フライが流れに乗り、ほんの数秒したところで、良い型のアマゴが飛び出した。
そのアマゴはローリングしながら、しかし水しぶきを上げることなく、
ネットにランディングされた。

素晴らしい!
これぞフライフィッシング。

釣り上げられたアマゴを二人で写真にとりながら、
一連の流れを噛みしめる。

f0053342_13122789.jpg

友人がうまくランディングしてくれたので
おそらくこのポイントへのダメージは少ない。
私にもまだチャンスはある。

一投目。
狙ったところより、手前にフライが落ちた。
チビアマゴが飛び出してこないこと祈った。
二投目。
フライは狙ったところに落ち、狙った通りにアマゴが飛び出した。
確実にフッキングした魚の引きを十分に楽しんで、網にすくった。

楽しい!
これぞフライフィッシング。

f0053342_13123547.jpg

早朝からいろいろありすぎた一日。
行ったり来たりした溪を見下ろしながら
攣りそうになった脚を引きずって、林道を車まで戻った。





f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-05-16 12:53 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/22055721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 青大将 at 2014-05-16 13:34 x
お疲れさまでした。終わり良ければすべて良し、ですね。フライフィッシングを堪能しました。ヘビに噛まれようともまた行きましょう^_^;

moriさんのブログで魚の画像見るの、初めてちゃうかな…(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-05-16 14:55 x
若大将、ありがとうございました。

もし弁当箱が見つからず
かんだヘビがマムシだったらと思うと、
ぞっとします。

>moriさんのブログで魚の画像見るの、初めてちゃうかな…
ブログを見たり、書いたりする人が少なくなってきたので
これからは魚の写真も気にせず載せようかな・・・・と。
Commented by コム at 2014-05-19 16:02 x
師匠&青大将さん、お疲れ様でした。
色んなドラマがあるもんですね~
ともかく皆さんご無事で良かったです(笑)。
釣りの方は、やっぱり雨の日はアマゴ釣りに行け!というように、納得できたようで羨ましいです。
当方明日から3週間のドサ回りで、サクラマスのシーズンも終わります。
機会がありましたらイワナでもアマゴでもご一緒下さい。
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-05-19 16:43 x
コムさん、最後になんとかいい型が釣れましたが、
超貧果な釣りが続いています。

ドサ回り開けには、爆釣な釣りに連れてってくださいね。
<< 実績のある川 晴れの日の合間に AM8:00... >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31