釣行記
今日も行き先が決まらぬまま高速に乗り、
米原JCTまでの間、今日釣れる魚がいる川を彷徨う。

結局行き着いた先は、フライフィッシングを始めたころ
雑誌によく紹介されていた昔の有名河川。
実績のある川を避け、盛夏の釣りに行ってきた。

f0053342_10102190.jpg


開けた空に澄んだ流れ、それに強烈な太陽。
魚の反応はめったにない。
まさに盛夏の釣り。

あまり釣れないので、溪を変えたら
こちらは蜘蛛の巣のトンネルの中を川が流れるような感じで、
蜘蛛の糸がリーダーとティペットに絡みつき、顔や腕に貼り付く。

魚の反応は良いのだが、蜘蛛の巣が団子のような塊となり
その塊が大きくなるにつれ、こちらのストレスも大きくなり、玉の汗になって噴き出る。

結局釣れたのは、私がちょっといい型のイワナとチビイワナの背掛りの2匹。
友人には数匹のアマゴ。

なかなか厳しい釣りになったが、冷たい流れに入れただけでも、ありがたい・・・・



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-07-31 10:41 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/22649275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 店主 at 2014-08-01 06:15 x
画像では爽やかな夏の釣りに見えますけどねぇ(笑)

この時期は標高の高い場所に行くべきでした。次に期待しましょう(^^;
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-08-01 14:17 x
店主さん、厳しい釣りでしたが、たまにはこういう修行も必要かと。

次回はぜひ高原に行きましょう。
Commented by Jasse at 2014-08-02 12:19 x
真夏はきびしいですね。
いつも行く渓に涼みがてら
まだ越えてない岩の上流を探索してみようかと思ってます。
実はいつもの出渓口が崩れてしまい、この年ではかなりきつい   危ない!!!!
でも上に行って出渓口があるかどうか???
たぶん、汗かいて戻って、いつものところから出てくると思います。
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-08-02 21:43 x
Jasseさん、いつもの出渓口もきついですが
いつもの入渓口はホンマに危険ですので
気をつけてくださいね。

台風の影響で雨があるみたいなので
雨後はいいかも。
<< 麻紐グリップ 足の早い魚 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31