栃の木の天板
以前、タイイングデスクを作ろうと買った栃の木の天板だが、
なかなかうまく鉋がかけられず、表面がデコボコになていた。
その上、屋外で保管していたため、汚れや色あせもひどくなっていたので、
再度、鉋がけに挑戦した。

f0053342_15241286.jpg


先日、大工の棟梁と話す機会があったので、
一枚板を綺麗に鉋がけする方法を聞いてみたら。。。。
「やめとき!ワシらでも上手にようせんワ・・・」を言いながら
どうしてもやって見たいなら、と手順を教えてくださった。
 ・先ず、横方向(繊維を横断する方向)に電気鉋をかけて、反り凹みを取る。
 ・次に、縦方向(繊維に沿って)電気鉋をかける。
 ・手鉋で鉋をかける。
 ・手鉋で綺麗に仕上がったら良いが、
   素人では絶対無理なので、ペーパー掛けで仕上げる。
 ・塗装する。

教えてもらった手順でやったら、
見違えるほど綺麗に仕上がった。と言うか以前がひどすぎた。
以前は、ペーパーを掛けても電気鉋の削り線が残り見苦しかったが、
今回は、なんとか鉋の削り跡は消え、それなりに見られようになった。

ただ、瘤の周りは、繊維の方向が入り組んでいるのか、
鉋の刃が食い込んで、ディンプルがいくつもできてしまった。

磨き上がった板は、また汚れると辛いので小屋にしまった。
グラグラだった脚も、2×4材で作りなおした。
これで、室内でも使える。


f0053342_13232718.png
ニュー牧民広場 金剛苑の巻 : mori-rodも参加します)



     

f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-09-16 15:29 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/22945579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カワガラス at 2014-09-19 22:32 x
栃は私も好きな木の一つです。薪ストーブ用の薪の中から何本か見つけて確保しています。肌がきれいなので眺めています。スプーンとか作ろうと思いながらも、なかなか手をつけられていません。
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-09-22 09:04 x
栃は柔らかくて加工がしやすいうえ
面白い杢も出て、癒やされますね。
<< コーヒーフィルターストッカー 釣行記 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
terryさん、アマゴよ..
by 西洋毛鉤 at 08:42
良いヤマメですね。 近..
by tokyo_terry at 00:28
terryさん、こっちは..
by 西洋毛鉤 at 20:13
sisyou、こんにちは..
by tokyo_terry at 16:36
店主さん、あれは欠けてん..
by 西洋毛鉤 at 07:28
keiちゃん、ご無沙汰..
by 西洋毛鉤 at 07:26
あのフレームの欠けがsi..
by 店主 at 23:36
moriさん、お久しぶり..
by keiちゃん at 17:08
toto4543さん、..
by にh西洋毛鉤 at 08:30
はじめまして。 ヤマナ..
by toto4543 at 22:27
記事ランキング
ブログジャンル