釣行記
初めて入った名もない溪。
入渓してすぐに魚の反応がる。
変化に富む渓相の中を釣り上がっていくと、
八寸九寸のアマゴが釣れる。
瀬から、落ち込みから、肩から、開きから。
ときおり、泣き尺のイワナも混じる。
気が付くと一日その川を釣り登っていた。
溪の横を走る林道に上がり、舗装された林道を20分も歩くと
もう車が見えてきた。

先日、こんな桃源郷の夢をみた。

f0053342_936406.jpg


夢から覚めた日曜日。
7時半に我が家集合で、近くの溪に行ってきた。
今回のメンバーは、コムさんとメガさん夫妻、それに嫁さんの5人。
メガさんからは、嫁さん用の新品のウェーディングシューズをお土産に頂き出発。

車止めにはすでに二台の車。
一台はきのこ採りで、もう一台は子供つれの餌釣師。
餌釣師に釣りをする区間を聞いて、私達はそれより上流に入った。
f0053342_10164969.jpg

みんなでワイワイ林道を登り、釣り上がるのも楽しかった。

紅葉がはじまった林道。
広葉樹の落ち葉が敷き詰められた河原に、
苔むした石が点在する。

上流でふた手に別れて釣った。

一跨ぎできそうな流れ、それでもちょっとした落ち込みや深みから
小さなイワナがポンポンと飛び出す。

嫁さんも少し上達し、木の枝に引っ掛けることも少なくなって、
なんと3時間の間に6匹も釣り上げた。
私の方もなんとか、嫁さんよりも沢山のイワナが釣れた。
大きな魚は釣れなかったが、釣れると楽しい。

コムさんたちの方も、大きな魚影は確認できたが、
釣れたのは小さいイワナたちだったらしい。
それでもみんなにそれなりの釣果があったようで良かった。

林道を帰る途中、林道から見える小さな支流のプールにメガさんがフライを投げた。
みんなの視線が注がれる中で、いい型のイワナがバシャっと出た。
イワナが出た瞬間、メガさんは顔にかかった蜘蛛の巣の処理をしていたようで
合わせられずに、痛恨のすっぽ抜け。
こういう時は、バッシっと釣ってもらうより、バラしてもらった方が数段楽しい。

それにしても、ここの溪の渓相はいつ来ても素晴らしい。


f0053342_13232718.png
ニュー牧民広場 金剛苑の巻 : mori-rodも参加します)


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-09-29 10:25 | 釣行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/23028632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コム at 2014-09-30 09:42 x
お疲れ様でした&ありがとうございました。
ゆるゆるで楽しむつもりが結構歩いてビシバシになっちゃいましたね。
本州最終戦を地元の美しい渓で締め括れてよかったです。
流れ紋や無紋は永遠のテーマですが。 
堰堤から下の区間のアマゴも真剣に狙ってみたいですね。
来シーズンも宜しくお願いします。
あ、オフの企画も楽しみにしております。
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-09-30 18:19 x
コムさん、最後(30日)にコムさん達が入った、
堰堤上の区間に行ってきました。
大きくは無いですが、綺麗なアマゴが釣れましたヨ。

先日、帰りの林道脇の支流で、メガさんがばらした小さな支流、
本流から林道の橋までの間で、イワナが釣れました。
メガさんポイントは出ませんでした。

来年もよろしく。

ニジマスの川は、なんとか復活させたいですね。
Commented by メガ at 2014-10-02 12:32 x
ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。
竿作りも色々とご教授お願いします。
Commented by 西洋毛鉤 at 2014-10-02 12:40 x
メガさん、ウェーディングシューズちょうどでした。
来シーズンもお誘いください。

またニジマス再生プロジェクトもやりたいので、
お願いします。
<< 2014シーズン最終釣行 コーヒーフィルターストッカー >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30