琵琶湖横断気球レース
 
29日と30日は、琵琶湖横断気球レース

29日は雨の予報で、前日に中止が決定。
朝からワンコに破られた障子の張り替えをした。
子供の頃の年の瀬の風景が蘇る。
慣れない作業で、立ち座りが多く、脚がクタクタになった。

30日は早朝4時に起床して外にでてみると、
星が出て風もなく絶好の気球日和。

会場の近江白浜水泳場に6時前に着き、
この日のレース内容の発表を待った。

f0053342_1012141.jpg
<パイロットバルーンの観測>

気球はまさに風まかせ。
離陸地点・着陸地点・地上・上空の天候、風向、風速より
レース開催の可否、レース方法、レース会場(ルート)の判断が行われる。
上空の風向きなどの気象条件は、パイロットバルーンという風船を上げ
その軌跡を観測して行われる。

f0053342_10125147.jpg
<高島上空より大津方面を望む>

今日こそは念願の琵琶湖横断。
気球からの、琵琶湖の景色を満喫できると期待していたが
パイロットブリーフィングで琵琶湖横断の中止と
高島市内でのレース開催が発表された。

f0053342_10131247.jpg
<自機(ホイホイ号)を見守る地上クルー>



f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2014-12-01 10:31 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/23370663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SPiNDLE GOUGE &... 紅葉狩り >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30