くぬぎの続き
週末は天気が悪そうな予報。
その次の週となると、新学期が始まってしまう。

先日倒したクヌギは、県立高校の敷地内にあるので、
新学期が始まる前に片付けて欲しいとのこと。

天気予報ではこの先、雨の日が多くなりそうなので、
雨の心配のない日を選んで、薪取りの続きをやってきた。

まず、斜面に倒れてしまった幹をどうするか。
このまま玉切りすると、切った木が谷に転げ落ちる。

作業ができそうな平らなところまで引っ張り上げようと思ったが、
長さ5m、太さ40cmのクヌギはそう簡単に動かない。

いろいろ方策を考えてはみるが、素人にはいい案が思いつかない。
仕方なく、谷に落ちないよう幹の片方をロープで固定し、
反対側をウィンチで引っ張りながら、少しずつ玉切りして、引き上げることにした。

先日の作業途中でプライマリーポンプが破れてしまい
修理に出したついでにキャブのオーバーホールをしたチェーンソーは、
気持よく吹き上がり、太いクヌギもストレスなく切れた。
f0053342_9431784.jpg

快調なチェーンソーのお陰で玉切りは気持よく進むのだが、切った木を引き上げるのが大変。
四苦八苦しながら軽トラの近くまで転がして運んで来ても、今度は重くて荷台に積めない。
仕方なく、クサビで半分に割ってから積み込む事にした。

腰も背中も足も腕も、ガクガク。

持ち帰った木はガレージに一旦積み上げた。
週末は薪割り。


f0053342_12551232.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-04-03 09:52 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/23851752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 芽吹き くぬぎ >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31