ルアーロッドの修理
甥っ子のルアーロッドを修理することにした。
投げたルアーが当たって折れてしまったらしい。

でも、預かったロッドはすでに修理済み。

折れた箇所はTIPの先端から15cm程のところ。
釣具店に修理を依頼したところ、繋ぐことはできないとのことで、
折れた箇所にTOPガイドを付けてくれたらしい。

15cm短くなったロッドは、少しアクションは変わったが、
それでも十分使えているらしい。

でも、バンブーロッドビルダーのおっちゃんは納得できません。
f0053342_9252398.jpg

折れた箇所に、カーボンの芯を入れてつなぎ、
元の長さにしてリングガイドを付け修理完了。

完璧。繋いだ箇所が解りません。
と思ったら、エポキシコートが固まらない。

今使っているのはロッドスミスのエポキシコート。
購入して一年ほどたっているが、A液とB液の残量が極端に違う。
使う時は、シリンジで同量を測って使っているのに、残量が違うということは
片方だけ蒸発したのかな・・・・?

一般にエポキシコートは、主剤より硬化剤が多いと固まらないと言われている。
今回残量が減っていたのは硬化剤の方で、蒸発して濃度が濃くなった硬化剤と
主剤を同量入れたので、固まらなかったのかもしれない。


f0053342_1433471.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-05-11 09:35 | バンブーロッド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/23981637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 庭 GW >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31