ヤマメ、イワナ、大樹、温泉、おろしそばの五点セット
まずは、新規開拓。
と言っても、自分が今まで行った事がないだけの有名河川。
距離的にもいつも行っている北陸の渓とあまり変わらない。

今年の北陸は雪が多く、雪代が入った増水を覚悟して行ったが、
すでに雪は溶け、どちらかというと渇水ぎみで、遡行しやすかった。

初めての渓は、想像以上に渓相もよく、深みのある瀬、落ち込み、プールが連続し、
渓を覆う木もあまり気にならず、フライを楽しめる渓だった。

入渓して少し釣り上がったところで、カメラを車に忘れた事に気が付き
取りに上がって、川に戻ると嫁さんが「2回出たけど釣れなかった・・・」との事。

ほんの少しの時間に嫁さんにそれも2回の反応。。。。。
魚がいることに安心して、遡行を続けると、嫁さんにヒット。
あまり大きくはないイワナだが、嫁さんは今年初めてのサカナに大喜び。

私の方は少し長めのリーダーとティペットにしていたため、
出てもフッキングが浅かったり、ライントラブルでなかなか釣れない。

ライントラブルで悪戦苦闘している間に、嫁さんが二匹目をゲット(・・・したらしい)。
大きな口をした、今までで一番のイワナだったらしいが、
私がラインとトラブっているあいだに、リリースしてしまったので見られなかった。

嫁さんに二匹先行されるという、今までにないパターンに少し焦ったが、
その後は、なんとか綺麗なヤマメといい型のイワナを何匹か釣ることができた。
f0053342_1152697.jpg

朝8時頃に入渓し午後3時まで、新緑に包まれた綺麗な流れのなかで
新規開拓にしては、十分楽しい釣りができた。


脱渓して、温泉に浸かって帰ろうと車を走らせていると、
大きな杉の木があったので、立ち寄った。
推定樹齢2300年、根元周約11.5m、これだけ大きな杉は本当に珍しい。
木肌にそっと触れると、体の芯がクッ!とくる。

大樹を見たあとは、温泉。
ここの温泉の共同浴場は、男湯と女湯が広場をはさんで別の建物にある。
歴史を感じされる建物の中に、大きくて深い湯船があり、壁には
九谷焼のタイルで絵が描かれていた。
また、脱衣場のロッカーの扉には、漆器で有名な土地柄を活かし
子どもたちが施した蒔絵が飾られている。
f0053342_1118332.jpg

釣りをして、温泉に浸かっていると、
世間様に申し訳ないような幸せを感じる。

帰りの高速のSAで、おろし蕎麦を食べて〆。
ヤマメ・イワナ・大樹・温泉・おろしそばの五点セット、満腹!



f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-05-28 11:20 | 釣行記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/24070930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コム at 2015-05-28 13:36 x
スバラシです!
釣りも温泉も木も蕎麦も、堪能できたみたいで良かったですね!
こちらも25日にやっと桜が咲きました!
6月からは渓流シーズン開幕です(笑) またご一緒下さい!

あ、7月なんですが、ビワトロなど如何ですか?
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-05-28 14:41 x
コムさん、こんにちは。

今回の新規開拓は、ちょうどクマの出た川の海側です。
いい流れが続いていました。
私達が釣っていた区間でもそこそそ釣れたのですが、
地元のおっさんによると、「もっと上流にいかな釣れへん」
らしいです。

嫁さんは、去年megaさんから頂いた靴がぴったりで
快調でした。

ビワトロって聞くと、ビワマスの脂ののったトロを想像しますね。
また声を掛けてください。

Commented by カワガラス at 2015-05-29 21:20 x
ヤマメ・イワナ・大樹・温泉・おろしそばの五点セットとは豪勢ですね。美しい渓と良型のイワナ、贅沢な一日を楽しまれたようで、なによりです。私もイワナの沢に行きたくなりました。
Commented by tokyo_terry at 2015-05-31 14:47
sisyou、こんにちは!
奥さんも徐々に腕を上げてるようですね〜。
ライントラブルの間にササッと釣って
ササッとリリースなんて(笑)
今季はまだイワナ釣りをしてないので
6月に入ったら、ボクもご一緒してくださ〜い!!
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-06-01 09:43 x
カワガラスさん、先週は雪代に苦戦させられましたが、
この日は渇水。隣の水系なのですが、渓が流れる斜面の向きで全然違いました。

とか言っているうちに、もう6月。
イワナ釣りです!
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-06-01 09:49 x
terryさん、嫁さんのキャスティングを見て、
それなりにフライが飛んでいたので、
そのそのうちに釣れるだろうとは思っていたのですが、
二匹先行されるとは、不覚でした。

釣ったイワナの口が大きかったと、
両手の親指と人差し指で輪っを作って、
その大きさを教えてくれるのですが、
だんだん輪っかが大きくなっていきます。

釣り師の指は、縛っておかないといけません。(笑)

そろそろ山の上の川もいい感じでしょうね。
<< Dickerson 7012 釣行記 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30