憧れの地、遠野 二日目
前日、早朝に家をでて来た二人は夜9時過ぎには寝入ってしまった。
そのため、5時前には二人共目をさました。

朝食までの間、私は今日の釣りにそなえ布団の中で体を休めていた。
一方、友人は休む間を惜しんで、民宿裏の川へ。
そして、布団の中の私に綺麗なヤマメの写真を送り付けてきた。
朝から調子が良さそうだ。

今日は、夢にまで見た東北遠野の里川を釣る。
そして、移動中にちょいと遠野観光。
そして、最後は山間の美渓で大物を狙う。

その前に、民宿近くの神社にお参りして、旅の安全と爆釣祈願し出発。
民宿を出てすぐの所で、車の前をクマが道を横切った。
これも東北、気をつけないといけない。

天気は快晴。
釣りをするのには晴れの方がいいのだが、
溪は渇水気味で釣りにはちょっと厳しい。

しかし青空の下で、田んぼの間を流れる里川で釣りをしていると、
本当に気持ちがいい。

日本のフライフィッシングフィールドの中にあって、
やはりこの地は他には無い、特別な魅力を持っているように思う。



この日のために新しく作った竿に、ロンググリップを付けて、
田んぼの間を流れる川を釣り上がる。

小さなヤマメやイワナがフライを突っつくが、なかなか釣れない。
ロッドは普段使っているものより少し長いので、ちょっと先が重く感じられるが、
その分、ロッドがラインを遠くまで運んでくれるような感覚で、まずまず。

綺麗なヤマメで入魂ができ、いい型のイワナの尾びれにフライが掛り、
強力な引きも楽しめた(笑)

里川の釣りを終え、山間の川に向かう途中、かっぱ釣りをした。
ぱっぱが居るという淵は、思っていた以上にそれらしい雰囲気で、
ちょっと不気味でちょっと面白い。

山間の川は、川幅が狭く、渓を覆う木もあったので、
新しく作った竿のグリップをショートグリップに付け替えて入渓した。
ショートグリップの方は、扱いやすいアクションで、小渓の釣り上がりにはちょうどいい。

入渓してすぐのポイント。
右からの流れが落ち込みを作り、その流れが左岸の岩にぶつかり、
深みを作って下流へ向かってくる。
フライを慎重に流芯の横に落とすと、フライは落ち込みからの流れに乗り、
深みに差し掛かった時、綺麗なヤマメがフライに飛び出した。

狙ったポイントに狙った通りフライを落とし、狙った通り流した所でヤマメがガボッ!
狙った通りの展開で、ショートグリップにも入魂できた。

でも、このショートグリップ、フェルールのすり合わせを失敗したらしく、
この後イワナをヒットさせ、アワセ入れた時、ロッドが抜けてしまった。

最後は、二日目の宿の近くの川に移動し、夕まづめの釣りを楽しんだ。

釣りを終え、友人がその日の宿にこれから向かう旨の電話と入れると、
宿の方は、「今日の宿泊予約は受けていない」と言う。
なので、泊められないし食事の用意もできないの一点張り。
近くの畑で仕事をされていた方に助けを求め、
すったもんだの末、宿側の手違いで、少し離れた別の宿(経営母体が同じ)
の方に私達の予約が入っていた事がわかり、なんとか食事と寝る場所が確保できた。

この宿がなかなかいい温泉宿で、手違いのお詫びにと夕食時には地酒(冷酒)を出して頂き、
気持ちの良い温泉に浸かり、この日も二人して10時には爆眠となった。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-07-11 16:00 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/24229869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コム at 2015-07-13 09:19 x
楽しまれたようですね~ いいなぁ~
釣りだけではなくて、釣友との旅そのものが良いんですよね~
東北は鮭釣りで行ったのみなので憧れの地です。
いつかは行ってみたいですけど、何時になることやらです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-07-13 12:43 x
コムさん、綺麗は風景に綺麗な流れ。
いいとこでした。

機会を作ってぜひ行ってみてください。
<< 憧れの地、遠野 三日目 憧れの地、遠野 一日目 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31