綺麗な魚に出会えた
連休の中日に、南信州の方に釣りにでかけた。

AM6:00に友人宅に行き、そこでいつものように、
友人のくるまに荷物を載せ換え、釣り場へ。

何処に行こうかと迷いながら、結局いつもの高原の渓に行くことにした。

連休中とあって、渓流近くのキャンプ場には、いつになく沢山に人がいたが、
入渓点には車もなく、私達が今日最初のに釣り人のようだ。
気温は13℃。

川に入ると、少し濁った水に、落ち葉が沢山混じって流れていた。
いつもは、透き通った綺麗な水が流れている渓なので、少し残念。
後で解ったのだが、濁りの原因は上流の砂防ダムで、
溜まった砂を放出していた為だった。
f0053342_10531093.jpg

魚の反応はまずまずといったところ。
アマゴとイワナの混生域なのだが、
私にはイワナしか釣れない。

イワナしか釣れないと、岩の窪みや巻き返しなどの
イワナが釣れそうなポイントにフライを投じるので、
ますます、イワナしか釣れない。

友人には、綺麗なアマゴが釣れた。
あずき色の薄く透き通った肌に、わずかに朱色のサビがさしている。
パーマークは青味をおびたグレー。
今までに見たことのないような、綺麗なアマゴだった。

綺麗なイワナも友人のフライに飛び出した。
きなこを薄くまとったわらび餅の様な色合いで
手でさわると溶けそうな質感。
肩の辺りはグリーン、目の回りはブルー、
背びれにはオレンジの縁取り。
アワビの貝殻の様に、見る角度によって色が変わる。
ずっと眺めていたくなるような、綺麗なイワナだった。


砂防ダムの上流は、綺麗な流れが戻った。
水も、空気も、空も、山も、澄みきっていた。

結局、私に釣れたのは、それなりのイワナだけ。
悔しいが羨ましい。

そして何より、澄みきった渓流での釣りは
気持ち良かった、楽しかった。

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-09-24 11:08 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/24502203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2015-09-24 22:41
sisyou、先日はお疲れさまでした!
結構いろんな写真撮ってますね。
ボクの写ってる写真、ヒマな時で良いので送ってください。
どんな風に写ってるのか見てみたいです(^ ^
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-09-26 21:25 x
terryさん、もうちょっと釣りたかったけど、
綺麗な渓魚が見れたので、納得です。

来シーズンは最後の滝の上にも、入ってみたいですね。

写真は、今までのものも集めて、送りますね。
<< 釣行記 永源寺 記憶に残る渓魚(さかな) >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31