着火剤
新聞紙を丸めて火をつける。
慣れては来たが、それでも何回かに一回は、うまく火が回らずやり直し。
着火剤があれば便利なのだが、いまさら着火剤を買ってまで使う気にはなれない。

ターニングで多量に削りだされるおが屑と、
義父が神事の祭り事をした際に、燃え残ったロウソクを
とって置いてくれたものがあったので、着火剤を作ってみた。
f0053342_9441013.jpg


ロウソクをヒートガンで炙って溶かし、そこにおが屑を投入して撹拌。
f0053342_945117.jpg


溶けたロウが染みこんだおが屑を、適当な長さに切ったアルミ管に詰め込んで、
バンブーロッドを作る際、節の処理をするのに使っている
「節いてこましきⅡ」にセットして圧縮。
f0053342_9461793.jpg


2時間ほどで、100個弱。
なんかそれらしい着火剤ができた。
f0053342_9501372.jpg





f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2015-11-09 09:53 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/24654461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 店主 at 2015-11-09 16:43 x
エコライフのお手本ですね。竹の削りカスも何かに使えんかな?
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-11-09 17:21 x
節約、節約。
限りあるお金は、欲しい物の方に回さないと!

くるくるカールした竹の削りカスは、
いい梱包材になります。
Commented by tokyo_terry at 2015-11-09 21:06
sisyou、こんばんわ!
節いてこましきⅡって、コトは二号機?(笑)
いろいろと工夫してますねぇ。
節約生活で、高級ウェーダーに一歩近づいたかな(^ ^
Commented by 西洋毛鉤 at 2015-11-10 09:02 x
そうです、これは二号機(笑)

着火剤は買うと1個20円くらいなので、
高級ウェーダーの送料くらいにはなりました!

terryさんのと一緒のにしようかな。。。。
<< 途中越え ~ 大原 ~ 山中越え ぐい呑み >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31