菅山寺のケヤキ
 
先日、新聞に山寺の大きなケヤキが紹介されていた。

場所を調べると、アマゴ釣りに出かける渓からそれほど遠くなかったのでの

釣りの帰りに訪れる事にした。

名のしれた大樹は、大体が山奥か社寺の一角に祀られれいる事がおおい。

でも近年は観光資源となっているので、さほど遠くないところに駐車場が設けられている。

ところが、「菅山寺のケヤキ」にたどり着くには、参道とは言えない登山道の様な道を

かなり歩く事になった。

傾斜のキツイ登山道は、釣りで疲れた足腰にはこたえる。

f0053342_1091762.jpg


ブナの原生林に囲まれた朱雀池。
f0053342_10124860.jpg


その先に現れた「菅山寺のケヤキ」

山門を挟んで立つ二本のケヤキ。
仁王立ちの大樹に圧倒された。
f0053342_10152764.jpg


樹高 15m/20m
目通り幹囲 6.2m/5.8m
推定樹齢 伝承1000年余


f0053342_12551232.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-05-21 18:05 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/25243070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2016-05-23 08:08
sisyou、おはようございます!
荘厳な佇まいの巨木ですね。
実際に目の前にすると迫力ありそうですね〜。
釣りの後に登山道を登り降り・・・また2日後に筋肉痛ですね(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2016-05-23 09:41 x
凄い樹でしょう!

よく大きい樹にはしめ縄なんかがしてありますが、
こんな樹を前にすると、ただ手を合わせたい気になります。

でも、ボウズの後にはキツすぎた・・・・(笑)
<< 一輪挿し ボウズは単独釣行で喰らうべし >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31