5月最後の釣行はアマゴ狙い
イワナは6月からのお楽しみにして、5月最後の釣行はアマゴが狙える所を探した。

いつものように米原JCT手前のSAで、雲行くも考慮しながら、友人と行き先を相談し、

今回は中央道方面に行くことにした。

今日は、以前から気になっていた渓で新規開拓することにした。

最初に入ったポイントは、ネットで得た情報と地図の等高線から、

開けた緩やかな流れを想像していたが、大岩の落ち込みの連続で、

なかなかの山岳渓流といった渓相だった。

どこからでも渓魚が飛び出しそなポイントが連続するが、一向に釣れない。

最初のうちは、雨にも打たれ厳しい状況が続いた。

いかにも釣れそうな雰囲気・・・・・川底を走る渓魚やフライを追う渓魚は

確認できるのだがなかなか、釣れない。

少し広いく、そこそこ深そうなプールの流心にフライを落とすと、渓魚がフライに飛び出した。

すかさずアワセを入れるが、渓魚はフックに触れることなく流れに戻って行った。

もう一度、先程よりは少し上流にフライを落とし、流れに乗せると、

今度はしっかりフライをくわえてくれた。

釣れたのは、少しオレンジ色のかかった綺麗なアマゴだった。

隣で動画での撮影をしていてくれた友人は、

「バッチリ撮れましたよ!渓魚が出たとこからランディングまで!!」

と言って、撮った動画を再生して見せてくれた。




この渓魚が今日一で、他にも小さなアマゴとイワナが釣れたが、

もう一つ反応が良くなかったので、別の支流、本流と釣り場を変えてはみたが、

どこも今ひとつ。

何度も大きな岩をよじ登り、太い流れを横切っての釣りは、老体にはこたえた。

それでも、少し濃くなってきた緑の中で透き通った流れを相手に、一日ロッドを降っていると、

体の中を流れる血まで透きとおって行く感じがする。

嗚呼~気持ちよ。

f0053342_15404477.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-05-29 15:41 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/25277497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2016-06-01 08:16
sisyou、おはようございます!
ヒットシーン、良い感じですね。
単独釣行では絶対撮れないもんなぁ〜。
ボクも撮りたいなぁ。
Commented by 西洋毛鉤 at 2016-06-01 12:28 x
一日釣りをしていて数匹しか釣れない釣行で
フライに飛び出すところから、フッキングしランディング
まで、完璧に撮れてますね。

この川はいつも行く川の手前です。
期待して入ったのですが、いつも行く川の方が
いいように思います。

今度はあの川でヒットシーンの動画撮影会しましょうー。
<< からし菜の菜種 釣行記 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31