釣行記
クソ暑いのに、実績のある渓をさけて、気になっていた渓に行ってきた。

一本目は、いつも通る峠道の横を流れる渓。
入渓点も解らず、やっとの想い流れにたどり着いたら、
すぐ上流が深いプールと大きい岩で川渡おしで遡行できず、一旦脱渓。
またまた入渓点を探し、無理やり藪漕ぎをして入渓。

まだ7時過ぎだと言うのに、この時点で汗だく。

それでも、入渓点のすぐ上のプールで、友人がいい型のヤマメをヒットし、
同じプールの葦際で、私にもこの日最初のヤマメが釣れた。

でも、後が続かない。
同行の友人から、川底の石がヌルヌルしているので、
気をつけるようにと忠告されたすぐ後に完沈。ずぶ濡れ。

渓相もよく二人で釣り上がるには、ちょうと良い規模の渓だが、
標高が低く水温が高いのか、水は少し汚れていて釣れる魚には寄生虫が付いていた。

魚の反応もイマイチのため、次の渓に移動。
f0053342_9505717.jpg

二本目の渓は、ダムに流れ込む実績のある川の対岸。
以前から気になっていた渓で、渓相も水も綺麗で気持ちがいい。

しかしここも、反応はイマイチ。何匹かのイワナは釣れたが、
記憶に残るような事は何も起きなかった。

この日、訪れた二本の渓は、たぶん、もう行くことはないだろう。

それにしても、このクソ暑い時期に、新規開拓なんてするもんじゃない。


f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-07-22 09:54 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/25474608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お岩ゴロゴロ コルクのリールシート >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新のコメント
shojiさん、桜綺麗で..
by 西洋毛鉤 at 08:48
お疲れ様でした! te..
by shoji at 23:18
terryさん、なかなか..
by 西洋毛鉤 at 10:10
sisyou、こんばんは..
by tokyo_terry at 23:24
terryさん、京都のジ..
by 西洋毛鉤 at 09:25
sisyou、おはようご..
by tokyo_terry at 09:14
terryさん、お花見釣..
by 西洋毛鉤 at 09:13
sisyou、こんばんは..
by tokyo_terry at 00:50
早起きして、お手伝いした..
by 西洋毛鉤 at 08:43
早起きは三文の徳って、誰..
by 店主 at 22:31
記事ランキング
ブログジャンル