ケヤキ瘤材のボールペン

先日、永源寺の道の駅「奥永源寺渓流の里」に行ったら
面白い杢のケヤキの瘤材が販売されていたので、
購入し早速ボールペンを作ってみた。
f0053342_111925.jpg

今回は塗装の練習も兼ねて光沢仕上げ。
明るい色合いの材には、光沢仕上げがよく似合う。

でもオイルフィニッシュの方がしっくり手に馴染む感じがして、個人的には好みだ。

f0053342_10295884.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-11 11:05 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/25590398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2016-08-11 22:13
sisyou、こんばんわ!!
黒い金具だと、引き締まった感じで良いですねぇ。
杢も良いけど、握り心地の良さそうな
オールコルクってのはどうでしょう(笑
Commented by 西洋毛鉤 at 2016-08-12 09:55 x
terryさん、ガンメタの金具は薄い色に合いますね。

コルクは良いかも知れません。
一度チャレンジしてみます。
<< 釣欲も枯れる 行き先を間違った・・・・・・ >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30