KINEYA CAVOUS
f0053342_11265272.jpg
買ってすぐにハンドルをカリンの瘤に変更。
ハンドルが取れ、ネジがバカになったので、別の所にタップでネジを切り付け替える事3回。
フットが取れ、ハンダ付け・・・・・と改造・修理を繰り返し使ってきたCAVOUS。
使い込んで、いい感じになって来たが、今度は、フレームが変形しスプールと接触して、
回らなくなってしまった。
f0053342_10462612.jpg

フレームを外し、ペンチで変形している箇所を広げようと四苦八苦するが、うまく広がらない。
と言うか、こちらを広げればあちらが狭まると、益々変形が酷くなるばかり。
簡単そうな修理だが、こういった類の修理は結構難しい。

いろいろやってみたが、フレームの内側を真円にするには、やっぱり真円の型を作って
それに当て込むしかなさそうだ。

手元にあったアルミの厚板を切り出し、旋盤で型を作ろうと思ったが、この暑さ。
金属加工をする気になれない。

作業小屋を物色していると、作りかけの花器の材があったので、
それをフレームの内径に合うよう旋盤で円錐形に削り出し、
それに合わせてフレームを整形することにした。
f0053342_10541367.jpg

削り出した型にフレームを乗せ、変形した箇所をカナヅチで叩いて、
少しずつ押し込んで行く。
型が木のため、型の方も変形して、なかなかうまく行かない。
やっぱり型はアルミを削り出せばよかった。
でも、なんとか修理前よりは良くなった感じ。
f0053342_112347.jpg

グリスアップし、ハンドルを回してみると、ストレスなくスプールは回った。

KINEYAさんに修理を出すと、無償もしくはそれに近い代金で修理をしてくれるそうだが、
自分でメンテナンスすると、益々愛着が湧いてくる。

f0053342_1254265.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-08-21 11:09 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/25657514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 最近気になること---- リオ... 釣欲も枯れる >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31