最終釣行

今シーズン最後の釣りは、北陸へ単独釣行。

ICを降り、渓までの山里は、刈りたての稲の匂いに、金木犀の香りが重なる。

天気に振り回され、雨の中での釣行が何回もあった今シーズン。

シーズン最終週も後半は雨の予報になっていたので、天気が良さそうな日を選んで出かけた。

しかし、考える事はみんな同じようで、渓は釣り人だらけ。

釣りには申し分ない量の綺麗な水が流れているのに、一向に釣れない。

高く生い茂ったヤブをこいで入り、やっとの想いで竿を振ると、すぐ上に先行者。

f0053342_10291874.jpg


なんとか最後に納得の一匹を釣ることができて、今シーズンは終了。

林道には栗や栃の実が落ち、尾花が穂をのばしていた。

f0053342_14272685.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-09-28 10:31 | 釣行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/26120688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyo_terry at 2016-09-28 22:30
納得の一尾・・・羨ましいですねぇ。
最終月は一度だけでした。
また来シーズン、お願いします!
Commented by 西洋毛鉤 at 2016-09-29 09:08 x
terryさん、なんとか最後に一匹が釣れて、
シーズン終了です。

今年は雨の中の釣りが多かったですね。
来年は、もっと楽しくて気持ちのいい釣りができたら
いいですね。

来年もよろしくお願いします。
<< イベント参加のお知らせ 増水の川へ >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31