大好物の柿が旬だ。
固くて、かじったとき「パリッ」と言うのがいい。
切り口に、黒い点々がいっぱい詰まったのが、甘くて美味しい証拠。
何故か毎年春先に無性に柿が食べたくなり、秋まで我慢している。

カキは工作の材としても、一番のお気に入り。
カキのリールシートを付けたバンブーロッドは、愛用の一本となっている。

下の写真、上からブナ、カキ、ケヤキ。
カキは切ったときは、ブナの様な薄いクリーム色をしているが、
削って磨いていくうちに、黒味が増してくる。
中には黒くならないものもある。
f0053342_1050947.jpg


下の2本は共に黒柿。
神代杉がスギという植物の種類でないのと同じように、黒柿もカキの種類ではない。
柿の古木のうち、ごく稀に黒色の紋様があらわれることがあり、
この紋様があらわれた柿が「黒柿」と呼ばれ、珍重されている。
最近は入手が困難で高値で取引されている。
f0053342_10572912.jpg

ボールペンの様な細い物を作ると、黒ばっかりであったり、白ばっかりで仕上がってしまい、
黒柿本来の良さである、白黒の模様がなかなか出せない。


f0053342_12592434.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2016-11-11 11:11 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/26829901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 店主 at 2016-11-14 15:54 x
記事の内容と、アップの日時は関係なし⁉︎(^_^;)
Commented by 西洋毛鉤 at 2016-11-14 16:25 x
ホンマや。偶然 '1' 並びでやな。
その記事にイチロウさんからから一つコメント!
なんかええことありそうやな。

今日アマゾンでトレッキングシューズ注文しました。
けど土曜日は雨やね(笑)
<< 槐(エンジュ) 紅葉 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31