第67話--放しの親
f0053342_03504.jpg

Kazu  「Sisyou 、一昨年の冬に発眼卵放流したのはこの淵と違がいましたっけ?」

Sisyou 「そうそう、ここや。
       放流した卵からイワナが育っとたらええのにな。」

2年魚のみんなー。
お前らが卵の時に放流してくれたオッサンが来よったで~。
挨拶代わりに、釣れたってやー。

Kazu  「Sisyou !釣れました~!私たちの子どもでっせ~。」

Sisyou 「自分らが放流した卵から孵ったイワナやと思ったら
       なんや愛しいもんやな・・・・」

Kazu  「私らは、こいつらの “放しの親” ってとこですね。」

“放しの親” か・・・・
あんたらが “放しの親” なら、
この渓は “育ての親” ってとこやな。

[PR]
by seiyoukebari | 2006-07-11 00:06 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/2766896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NaO at 2006-07-11 00:30 x
魚が育っていて良かったですね!!
きっと格別なのでしょうね・・・・・

なるほど、育ての親は渓流ですね。


天気が不順で困っています(^^;
エゾツユ・・天気図見てため息ばかり・・
Commented by tokyo_terry at 2006-07-11 01:17
西洋毛鉤さん、まいどです!
>°))))彡イワナが☆ピカピカ☆光ってる!!
大きく、育つとイイですね。
大きくなり過ぎて、スレたりしちゃうと釣りにくくて
また会うのが大変になりそうですね(笑)
Commented by dadlife at 2006-07-11 07:54
ほったらかしてても、親ですねー。イワナが、ピカピカしてますよ。(笑)
里親のお陰でこんなに立派になって・・・(泣)
これでグレずに育ってくれればいいのですが・・・落ちとしては
使いっ走り「アニキ、来ましたよ」
イワナ「餌も食わせないのに釣りに来るなんて、親じゃねー。おい、お前ら釣られて来い」
使いっ走り「分かりました」とウグイの入れ食い。
(失礼しましたー・汗)
Commented by daikyu at 2006-07-11 16:01 x
西洋毛鉤さんこんにちは。イワナ光輝いていますね。まさしく放しの親ですね。自分は大人になってから引っ掛けて放したことはあっても、卵を放す経験は未だございません。

かみさんと結婚した後、面倒を見ない様に見える僕を見て、友人が『おまえは釣った魚に餌やらないタイプだな』と言うので、すかさず『釣る時からホンマの餌使おてないわ』と言ってやりました(なぜか関西弁です)

釣っても放してあげればホンマの餌食べ放題ですからね・・・・せめて一度釣る時のフライ位許してもらいましょう。

Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-11 18:07 x
Naoさん、こんばんは。

このイワナが本当に私が放流したイワナかどうかは解りませんが
その可能性があると思うだけで、ちょっといいもんです。

これから、この渓で釣れるイワナは
その血が受け継がれている可能性も
あるってことですからね。

これからも、この渓が
イワナが育つ環境でありつづけられるかが
問題ですが・・・。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-11 18:11 x
terryさん、こんばんは。
イワナは無理やり光らせちゃいました(^^)
でも、私の眼にはこんな感じで写ってます。

大きく育って、また挨拶に来てくれるといいのですが
大部分は、キープされて持って帰られるんでしょうね。
Commented by 札幌のイワナ at 2006-07-11 18:20 x
 毎度様です~♪新たな生命をそこに残して川は魚に自己再生を出来るだけの環境を用意してくれてるのにそれを妨げるのは人なんですよね、このイワナ達も大きくなって自分の子孫を残せれば良いのですがね~、イワナが光ってるのは本当に自分の子供の様に写る感覚で気持ち的に解りますよ~
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-11 18:29 x
dadさん、マジ里親気分ですヨ。

まあグレても、イワナの事ですから、
尾びれをちょっとチューンアップして渓流を爆走するくらいでしょう。
Flyを万引きするような子には育って欲しくないですね(^^)。

”使いっ走り”のウグイの兄貴分よりも
どうせなら、”アマゴの置屋のご主人” とかどうでしょう。
こんな感じで・・・

置屋ご主人 「ちょっとそこのアマゴ、Sisyouに釣られておいで」
アマゴ    「わかりました。Sisyouのお相手をさせてもらってきま~す。」

・・・・そうしてアマゴがSisyouのFlyに掛かってくれて・・・

アマゴ    「あれぇ~、Sisyouー、お許しを~。」
Sisyou   「おとなしゅうせい・・。悪うはせん。」
アマゴ    「今回だけはリリースを・・・・・」

なんてね・・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-11 18:38 x
daikyuさん、奥さんは大切にしておかないと。
そのうちにお店のウィンドに飾ってあるような
蝋細工のおかずが出てきますヨ。

Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-11 18:43 x
札幌のイワナ さん、こんばんは。

放流も良いことばかりでないので
ほんとうは、自己再生して欲しいところですが
育つよりたくさん獲って帰っている現実では
それも望み薄ですね。

イワナって、そんなに美味しいとも思いませんがね。
Commented by flymagic at 2006-07-11 21:45
西洋毛鉤さん、こんばんは。
育ての親の愛情で、ピカピカのイワナくんになりましたね(笑)。
放しの親の気持ちとしても、成長を見れるのはとても嬉しい事でしょうね(笑)。 これから、もっとたくましく成長する事を期待しています。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-11 23:06 x
akaさん、こんばんは。。
ここの川はそれほど大きな川でない割に
釣り人が多く、なかなか大きくなれないようです。
でも少しでも大きくなってほしいものです。
そしてたまには、私のFlyにちょかいだしに
出てきてほしいものです。
Commented by para-miyuki at 2006-07-12 00:04 x
昔、ホームリバーに他人が釣りに来るのを嫌って、”禁漁区”の看板を作って、あちこちに立てたなんて、嘘か真かのような話しがありましたが、イワナに情が移ってしまって釣り止めた!なんてことにならないように祈ってます。(笑)
Commented by aqua at 2006-07-12 10:46 x
エッサマンにお持ち帰りされないように大きく育つといいですね~イワナって美味しいのかな・・・?
Commented by dadlife at 2006-07-12 17:09 x
seiyoukebariさんの、アマゴネタに、座布団3枚。(笑いが止まらず、でした)
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-12 18:10 x
paraさん、こんにちは。
”禁漁区”の看板を立てた人の気持ちはよくわかりますね。
それって、paraさんじゃーないんですよネ!

私も ”お持ち帰り禁止” の看板を立てに行こうかなー。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-12 18:13 x
”エッサマン”なんとかして欲しいです!
イワナには悪いですけで、そんなに美味しい?
一人一匹も食べたら十分でしょう。

以前渓流で出合ったオッサンがあんまり小さいのまで
持っていたので、どうするのか聞いたら
”犬の餌にでもする” って言うんですよ。
最悪でしょう。

普通魚は”ネコの餌”でしょう・・・・・。
(そういう問題じゃない??)
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-12 18:16 x
dadさんのコメントについつい調子に乗ってしまいました(^^)
自分でも書いていて、面白いやら情けないやらで
思わず笑ってしまいました。

コメントを返信した後で・・・
”しまった!このネタ、第68話で使ったらよかった!!”
と思ったのですが後の祭りです。いよいよネタ切れ~。
Commented by heboheboy at 2006-07-13 12:09
やっぱり、魚の世界も放しの親より育ての親、良い渓流で育てば、すばらしい魚に成長しているでしょうね!何処の馬の骨とも判らんやつに、釣らせるわけには行きませんね!(笑)要
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-13 13:21 x
要さん、そういう事です。
うちにも娘が一人おりますて
イワナの心配をしている場合じゃありません(^^)
<< 第2回 ハンドクラフト展開催のご案内 めだか >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30