朝どれ・完熟イチゴ
近くで借りている畑で育てているイチゴが、赤くなってきた。

手間・ひま・肥料・資材を投入して家庭菜園で育てるイチゴは、
かなり単価が高い代物になっているはず。

それでも、真っ赤に完熟した新鮮なイチゴを、
朝一つんで食べる幸福感には変えられない。
f0053342_10032450.jpg
そんな大事な大事なイチゴを横取りする輩がいる。

先日、朝食前に収穫に行くと、イチゴの株の回りに、
イチゴのヘタだけが残っていた。

毎年鳥に食べられるので、ネットで覆っているので、鳥ではなさそう。
小動物・・・・さては人間?

人間様は疑いたくないので、小動物にしておこう。
小動物とすると、おそらく夜行性なので、夜の内に忍び込んで食べているはず。

と言うことで、収穫を夕方にした。

ところが、夕方収穫したイチゴは、美味しくない。
株についている時点で、既にピチピチ感がない。

朝収穫にして、小動物の見落としたピチピチ新鮮朝どれにするか、
夕収穫にして、ちょっとピチピチでないまあまあなイチゴにするか・・・・・
小動物対策に更なる資材を投入するか・・・・


f0053342_10295884.jpg


[PR]
by seiyoukebari | 2017-05-18 10:09 | ハンドクラフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/27818808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 魚が釣れた日のSDカード トチの菌糸杢のフライボックス >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31