美味しいい「ほうれん草のおひたし」を食べたくて

美味しい「ほうれん草のおひたし」を食べたくて
毎年借りている畑でゴマを栽培している。

春に種をまき、秋に収穫。
種をまけば後は収穫まで、何の手間も掛けることのいらない作物だが、
収穫後が大変。
f0053342_19291704.jpg
干して乾かし、
乾いたらサヤを叩いて、実を出し、
ふるいで選別し、
風でゴミを飛ばし、
たらいに水を張り実を入れて、
浮いてきた実入りの悪いものはすくい捨て
底に沈んだ砂や小石を取り除く。
残ったものだけを乾かす。
乾いたモノを少しづつお盆にあけ、
色の悪いものや変形したものを取り除く。
f0053342_19292585.jpg
小さなゴマ粒をお盆で選別していると、
子供のころ祖母が、日当たりの良い縁側で
お正月用に作る草餅用の小豆を選別していた光景が思い出された。

子供のころは、よくもまあこんな単調な作業を
いつまでもいつまでも続けていられるなぁ・・・
と思っていたが、やり始めると案外熱中してしまう。

そして
美味しい「ほうれん草のおひたし」を食べるために
ほうれん草の種をまいた。
f0053342_12582281.jpg

[PR]
by seiyoukebari | 2017-10-13 19:33 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/28216805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 二五八祭 2017 シーズン終了 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31