ノードレスロッド なんとか・・・
ノードレで作っているTip。
なんとか形になってきました。
写真は6本のノードレスの竹片を束ねて
接着の準備をしたものです。
(画像はクリックで拡大表示されます)
f0053342_19143948.jpg


やはり最初の30度で切断しての接合は、
接着面が狭く仕上削りで全滅。

結局全部を10度で切断し、接合をやりなおし、
何とか仕上削りが終了しました。

この後、6本の竹片を接着し
1本のTipセクションとなっていきます。

下の写真はなんとか折れずに仕上削りが終わったもの(右)と
見事に折れたもの(左)です。
f0053342_19202647.jpg

接合部分の太さは1.7mm程度です。
太い間はなんとか折れずに仕上削りができたのですが
この細さになるとやはり接着面が狭いと折れてしまいます。
次回もしノードレスをする場合は、
やっぱり5度程度で切断して行わないとだめです。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ノードレスロッドを作る場合のスプライスジョイント部の角度は
スプリットの竿の太さ : スプライスの範囲 = 1 : 20
くらいの角度が必要
f0053342_15145133.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2006-07-29 19:21 | バンブーロッド | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/2934603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dadlife at 2006-07-29 22:55
seiyoukebariさん、こんばんわ。(^^)
難しい世界ですねー。試行錯誤を繰り返し、それでも目指すは更なる高み。
自分だったら、イラついてダメだろうなー。
Commented by tokyo_terry at 2006-07-30 12:46
西洋毛鉤さん、こんにちは。
ブランクが出来上がったら、パーツを取り付けてキャスティングしてみたいですね。どんな感じになってるんでしょう。
楽しみですね。
Commented by NaO at 2006-07-30 12:56 x
スゴイ!!
まずは目標クリアーですね!!!!!
手間のかかることなのでしょうが試行錯誤でどんどん良くなっていくのがまた楽しいのでしょうね~
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-30 17:21 x
dadさん、こんにちは。
”試行錯誤を繰り返し、それでも目指すは更なる高み”
なんて、良いモンじゃないですよ。
ただの廃品利用ですから。

でもここまで来ると後は、いつもと同じなので
なんとか、使えるものになりそうです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-30 17:28 x
terryさん、多分ノードレスであろうとなかろうと
あまり変わらないですね。
わざわざこんなことする必要もなさそうです。

”ノードレス”がセールスポイントで
割高な設定ならやめた方がいいかも・・・

『竹、節ありて強し』と東竿さんが言ってます。
和竿とバンブーとはちょっと違いますが
どちらも釣道具ですし。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-30 17:32 x
NaOさん、ここまでできると後は
接着して塗装してラッピングしてと言う事で、一気に仕上なんですが、
やる気がなくなってきました。

本当にできるのかな~と思っているうちわ楽しいのですが、
ここまでくると後はいつもと同じ作業なので・・・・
Commented by heboheboy at 2006-07-30 21:11
今、右腕にシップしてパソコン打っています、#5のクラシックバンブ−を振ったら、腱鞘炎気味になってしまいました、普通の竿の4本分ぐらいの重さで、修行がいりそうです、軽いバンブ−で釣りがしてみたいです!!要
Commented by ueji at 2006-07-30 23:07 x
当方のブログへコメントをどうも有難うございました。
はじめまして、小川でございます。
1,2ヶ月前に永源寺へ出向かせて頂きました。
緑に輝く川はとても麗しく。そしてまたこんにゃくも麗しく。
また麗しいお魚さんの世界もお教え下さいませ。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-31 18:30 x
要さん、筋肉痛になるほどロッドが振れるというのは
釣りしにしては、幸せこの上ない事ですね。
修行が足りないのか、歳が足りすぎてきたか・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-31 18:41 x
uejiさま、こんにちは。
”樹に、石に、水に慶んでもらおう”---いいお言葉ですね。

uejiさまのBligへの先のコメントは、実はうちの嫁が投稿したものです。
PCに不慣れなもので、私のハンドルネーム・URLのまま
投稿したようです。

しかし、嫁のお陰で新しいBlogが発見できました。
私も庭や庭造りには大変興味がありますので
またBlog拝見させて頂きます。
Commented by ueji at 2006-08-01 22:21 x
度々失礼します。小川でございます。
ご丁寧にありがとうございました。
ウチの義父は鮎の為に生きておられます。
また一度西洋毛鉤さんのページを紹介しておきます。
こちらもPCには不慣れな様ですが。

<< 第70話--チェリーバネット 第69話--毛利志満の肉 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31