Hot Air
竹を焼入れするオーブンを作っています。

今まで使っていたものは、150cmくらいのヒーター棒を
10cm径の煙突に入れ、その中に竹を入れるものでした。

ヒーター棒を使ったオーブンは、
スイッチのON/OFFで温度の管理ができるので
作業はやりやすいのですが、両端の温度が中央より低く、
長い竿を作ると、焼きムラがでて、ブランクの色も中央が濃くなって
しまう事がありました。

で、今回ヒートガン(ヘアドライヤの強力版)を使ったオーブン
『Hot Air』を作る事にしました。

こんな感じです。
後は、保温材を巻いて、全体を覆うように
ダクトに納めれば完成。

f0053342_18591241.jpg
熱風送風用の単管パイプ(左)と、竹セット用のアルミパイプ(右)を、ステンレス煙突にセットしたところ。


f0053342_1941785.jpg
単管パイプには温度設定用に穴を開けています。
この穴を塞ぐ数で調節して、目的の温度に設定します。

(そんなにうまく行くかな・・・・)


f0053342_1984778.jpg
アルミパイプはボルト3本でステンレスの煙突に固定しています。
このボルトが今回のHotAirのポイントです。
このボルトは、真ん中に穴を開けてあり、温度計を突っ込んで、アルミパイプの中の温度を測定できるようにしています。


f0053342_19225767.jpg
ヒーター棒式のオーブンは、部材を 『Hot Air』 に流用するため、解体してしまったので、もう後には引けません。

使い物になるかなー。


f0053342_19241298.jpg
[PR]
by seiyoukebari | 2006-10-14 19:26 | バンブーロッド | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/3553252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NaO at 2006-10-14 21:09 x
す、、すごい!!
なんか
すごい・・!!
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-14 22:06 x
NaOさん、こんばんは。
なんとなく、凄いでしょう(^^)

今日テストしたら、一応目標の180度までは上がりました。
なんとか使えそうです。
Commented by dadlife at 2006-10-14 22:27 x
seiyoukebariさん、おばんですー。(^^)
デュアルマフラーに竹やり、これで出っ歯ならチバラキ仕様(これ、遠い昔に流行った、千葉・茨城のヤンキーが族車仕様にする時の定番で、竹やりのようなマフラーを鉄パイプで無理やり取り付け、出っ歯の様なフロントスポイラーを付けた物です。あっ、埼玉はお洒落な渋い仕様ですので・笑)。
冗談はさておき、本格的にクラフト道を歩まれてますね。うーん、男っすねー(笑)。渋く焼かれたトンキーがステキなロッドになっていく・・楽しみにしてまーす。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-14 23:38 x
dadさん、オーブンの部品のアルミパイプを
ネットで検索したら、マフラーの部品がヒットしました。
そういう方々が購入されるのですね(^^)

渋ーい焼き色が付いてくれたらいいのですが、徒労に終わるかも・・・
Commented by tokyo_terry at 2006-10-15 12:08
西洋毛鉤さん、こんにちは。
ブランクをこの中に吊るすんですか?
180度まで温度が上がる?・・・ってコトは
冬場にブランクの焼き入れすると、部屋の中が暖かくなりそうですね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-15 16:33 x
terryさん、こんにちは。
そうなんですよ。
最後の写真みてもらったら解るのですが
私の作業小屋は天井が低いので
多分室内では作業できません。

雪降る外で、温度があがらなかったらどうしよう・・・・
レアの竿になってしまいます。
Commented by aqua at 2006-10-15 22:17 x
やっぱり凄いですね~!なんでも自作しちゃう西洋毛鉤さんは憧れちゃいます。。。
Commented by Jasse at 2006-10-16 04:56 x
設計図の段階で気になってたんやけど、
温度調節の穴が上部、つまりヒートガンの近くに開けてあるけど、
熱源近くに開ける方法ってのは気が付かなかったな~
ホットガン自体で温度調節できないから、噴出す温度を調整できると言う訳ですね。
あとは噴出し口で調節するの?

この写真で気になったんは下部の模様。
金鳥香取線香???(^^)

さて、次はミリング・マシーンですね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-16 20:56 x
aquaさん、
木を削っているときは、いい臭いがしてストレス解消になるのですが
金属を切ったり穴を開けたりしていると、逆にストレスが溜まってきます。

ストレス解消には釣りが一番なのですが、禁漁やし・・・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-16 21:00 x
Jasseさん、
どっから”金鳥香取線香”が出てくるの?!
#12のフックにティペットが通らん目して、どこ見てんのよ!!
っと言いたいところですが、大正解~!!

香取線香の缶を台座に打ちつけ、そこにオーブンを突っ込んでいます。
それにしても、よく金鳥香取線香って解りましたねー。
Commented by ふくちゃん at 2006-10-17 00:14 x
HAKKO No.883-13ですね。
私のは882ですから熱量が足りないか・・・

自作オーブンの凄いのは勿論だけど、それを置く事が出来るウッディな作業小屋が羨ましいです。ハイ
Commented by Jasse at 2006-10-17 03:00 x
たとえ老眼でも 解るわいや!!!

ワシの一番外のパイプも同じ金鳥蚊取線香なんよ!!!

違う所は金鳥蚊取線香の缶の本体じゃなく蓋の部分を使用しました。(^0^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-17 19:54 x
ふくちゃん、こんばんは。
ヒートガンの型番が解るとは・・・・

ウッディな小屋は、本当に小さく7ftまでしか作れないんです(^^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-10-17 19:58 x
Jasseさん、
実は台の板の上に、断熱材、その上に缶のフタ、その上に缶の本体をつけています。

老眼って遠いところはよく見えると言いますが
伊勢から鈴鹿峠の反対側まで見通せるとは、凄いですねー
<< フィッシュクラフト展『木から生... 何を作ろうか・・・ >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30