第88話--生粋の永源寺イワナ
あのイワナ、見慣れん顔やなぁ。どっから来よったんあやろ?

生臭 「あんたこの辺では見慣れん顔してるがどこのモンや?」

放流 「この前漁協のお方に放流して頂いたモンだがや。」

生臭 「ああ、川鵜の餌の生き残りかいな。名古屋の方から来たんかい?」

放流 「“川鵜の餌の生き残り”とはひどい事い言うやんけ!ワッレ~ッ!」

生臭 「“言うやんけ!ワッレ~ッ!”って、大阪育ちかいな?」

放流 「何処でもよろしおすやろ。わてら養殖ものに生まれも育ちもありゃしまへん。」

生臭 「京都の生まれかいな。
     これやから放流モンはかなわんな。
     放流してくれるのはええが、永源寺生まれ永源寺ちのイワナを放流してくれな!
     生粋の永源寺イワナが伝承できんやろ・・・・。」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
漁協による遊魚目的の放流や、環境イベントでの放流、それに釣り人たちの
安易な自主放流により、その川・その支流本来の固体が消えて行きます。
かく言う私も遊魚料を払って漁協の方が放流した魚を釣って楽しんだり、
発眼卵の放流をしたりしていますが、これって琵琶湖にバスを放流し
バス釣りをして遊んでいるのとなんら変わらないな~と思うと少し憂鬱になります。
環境・漁業・遊魚等など、色んな面から色んなことを考え行動しないと・・・
【参考】  京都新聞「環境を考える」 日本淡水魚類愛護会
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by seiyoukebari | 2007-01-31 21:17 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/4485868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamada@関東 at 2007-02-01 09:35 x
おはようです!
魚の1年と人の1年が違うように普通に考えると魚の1kmと人の1kmも
結構な差なんでしょうね。
大阪と京都の間で方言が違うように見た目同じ岩魚でも違うんでしょうね。
Commented by aqua at 2007-02-01 11:50 x
生粋の魚ってどこも少ないんでしょうか。
たとえば、札幌市民が大阪出身者だらけになるのと同じってことですよね~(^^;
Commented by dadlife at 2007-02-02 09:55
seiyoukebariさん、おはようございます。(^^)
漁協には法律で魚の増殖が義務づけられて・・・知らなかったです。
せめて数年間はC&Rとかってのもいいですよねー。でも餌師が来なくなるので漁協としては入漁料が入らないかー。FFとしては嬉しいけど・・。
「どこのモンや」・・・こっちでは「どこのモンだ」です(まあ、大した意味はないですけど・笑)。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-02-02 18:38 x
yamadaさん、こんばんは。
見た目同じイワナでも違うみたいです。

魚が居なくなった川に魚を取り戻そうみたいな、、一見、環境保護的な放流が、実は昔からいる魚に悪い影響を与えてしまう事があるので、ややこしいですね。

現状ではその辺の認識が、行政・メディア・釣り人も含めまだまだできていないようです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-02-02 18:50 x
aquaさん、放流される魚は大体がどっかの養魚場で育てた魚ですので、放流する川の魚でないことが多いのが実態です。

かりにその川の魚を獲って採卵し孵化して放流したとしても、
上流・中流・下流ではおそらく微妙に違う魚が棲んでいますので、
元からいる魚に何らかの影響を与えてしまうかもしれません。

でも、遊魚を目的とした放流となると、
これがまた色々ややこしいですね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-02-02 18:56 x
dadlifeさん、こんばんは。
条例や法律がややこしいことを、さらにややこしくしているような気もしますね(^^)

この前もコメントに書きましたが、近年渓魚を食べて問題になっている川鵜をレッドデータブックの対象に指定している自治体があったりします。

一番良いのは、放流もせず、自然に元からいた魚が増えることなんですが、これには、C&Rか一人3匹までみたいな規制が必要ですね。

Commented by Keiちゃん at 2007-02-03 18:12 x
西洋毛鉤さん こんにちは。
 いつもブログちゃんと見てますよ・・・なかなかコメントできなくてすみません。(ちょっと仕事が忙しくて・・・・・本当ですよ)

 生粋の魚って今の環境のなかでは難しいですよね。 
 昨年、daikyuとヤマトイワナを釣りに行きましたが、登山か釣りかわからないくらいハードでした。山岳渓流ってやつです。
 daikyuはいつものように すいすい上っていましたけど。 そのぶん魚に会えた時は感動でした・・・・・もちろん、daikyu師匠が釣った魚ですよー。
 今年は大丈夫、竿がいいから。・・・・虹も釣れるらしい!!
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-02-03 20:16 x
keiちゃん、こんばんは。
竿はやっと折り返し地点くらいです。
あと、1ヶ月はかかりそうです。
納品を楽しみにがんばりま~す。

昨日daikyu師匠とお江戸であってましたヨ。
西野川の件、なにかお手伝いできることがあれば、
遠慮なしに言ってくださいね。
<< 筋肉痛 リールシート >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30