ビワマスの話を聞く会
ひょんなことから博物館でビワマスの研究をされている学芸員の方に
ビワマスの話を聞く場を設けることができました。

参加いただいたのは、
博物館の学芸員の方お二人(Kさん、Hさん)と
地元の釣りバカbloger4名(ふくちゃんコムさんfishcraftさん、私)
それに超マニアックな釣り人(Uさん)1名の都合7名。

“ビワマスの生態”や“生態系保護の観点からみた放流事業の問題点”
はたまた“琵琶湖を取り巻く環境問題”など等
いろいろとお聞きしたいことを頭のなかで整理して挑んだのですが、
“ちゃんこを囲みながら”というセッティングが悪かった・・・

皆さんの自己紹介が終わるか終わらないくらいに、
ワイワイ・ガヤガヤ・ガヤガヤ・ワイワイ・・・・
3時間半という時間が、あっと言う間に過ぎ去り、閉店~。
本当に楽しい一時でした。
ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。
また機会がありましたら、ワイワイ・ガヤガヤやらしてください。

そんな中でも特に面白かった話。
(酔っぱらっていましたので、お話頂いた内容と私の記憶に食い違いがあるかも知れませんが。。。)

◎琵琶湖水系にはもともとアマゴは居なかった?
  昔の文献には琵琶湖でサツキマスが獲れたことを記した資料がないようです。
  琵琶湖でサツキマスが獲れだしたのは最近のことで、
  アマゴの放流を行うようになってからのこととか。
  では、昔から琵琶湖流入河川の上流にいた “アマゴ” はなんだったのか??
  それはすべてビワマスだったのではないかというのです。

  この話は現時点では仮説ですが、この話に飛びついたのが、ふくちゃん。
  彼は昔から川釣りをしているのですが、最近(と言ってもここ20-30年)
  釣れるアマゴは顔が尖がって、釣り人を睨むような目つきをしているが、
  昔釣れたアマゴは丸顔で、前の方についた大きい目が可愛い愛嬌のあるものだったとか。
  昔釣れていたアマゴは、みんなビワマスだという説の生き証人です。

◎地元の人がカワマスと言っている魚の正体は?
  地元(上流域)の人は、ビワマスは産卵期(晩秋)に遡上してくるもとの思っています。
  また、ビワマスとは別に春先に琵琶湖から上ってくるカワマスというマスがいるとも言います。
  産卵のために遡上してくるビワマスは、黒の魚体で一部にピンクの模様が
  入ってますがカワマスは銀色のサツキマスみたいな魚体。
  実はこのカワマスもビワマスだということです。

  ビワマスは産卵期以外の時期に川遡上する奴がいるらしいのです。
  これは仮説ではなく本当の話・・やったかな?(酔っぱらってましたので・・・)

◎ビワマスの卵を食べるアマゴ。その正体は?
  晩秋にビワマスが川を遡上して産卵をします。
  そのとき、ビワマスの生んだ卵を、アマゴが食べる光景が見られるそうです。
  地元の人はこのアマゴがビワマスの卵を食べることから ”子喰らい” と呼んでいます。
  実はこの子喰らいは、メスが生んだ卵に機を見計らって生殖活動に参加している
  ビワマスの河川残留型のオスだというのです。
  地元の人が”卵を食べている”と思っていたのは実は”精子を掛けていた”という事です。
  これは仮説ではなく本当の話・・やったかな?(泥酔していましたので・・・)

ビワマスという魚はまだまだ解っていないことが沢山ある、神秘的な魚のようです。
[PR]
by seiyoukebari | 2007-03-21 18:51 | いろはにほへと | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/4925887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dadlife at 2007-03-21 19:14 x
seiyoukebariさん、こんばんわ。(^^)
なるほど・・・頭の配線がショートしちゃった(ビワマスって複雑なんですね・汗)。
学芸員と聞いて、そこで既に構えてしまう自分(笑)。でも、ちゃんこは食べてみたい(爆)。
で・・・
あっ、ビワマスっすよね。     
「退却ーっ」

コメントにならないコメントで失礼しました。(^^;
Commented by tokyo_terry at 2007-03-21 21:19
西洋毛鉤さん、こんばんわ!!
どれも正解のようで、違うような。
ほんとうのコトが解らないほうが、浪漫があるかもしれません。
ボクは頭の回転がニブイので、難しいコトは考えず
楽しければイイかぁ、なんて思っちゃうタイプ。
でも、やっぱりビワマスって一体なんなの?ってちょっと気になります(笑)
Commented by タッド at 2007-03-21 21:59 x
ビワマス・・気になりますね☆
いまでも生息しているのでしょうか・・そのアマゴということなのでしょうか
ところで読んでいて思い出したのが、製作中のネットです
琵琶のような形をしたビワマスのランディングネット・・・
Commented by ふくちゃん at 2007-03-21 22:03 x
外見よりもDNAレベルで、お話をされると説得力がありますね。
ビワマス、アマゴ、ヤマメ、サクラマス
同じなようで同じでない
イワナだけでなく、アマゴ、ヤマメの放流も考える時が来てるんですね。

河川によって使い分けをしなければ、北海道でも九州でも同じ魚が
釣れてしまう時代がやって来そうです。

幹事、ご苦労様でした。また誘ってくださいね。
Commented by コム at 2007-03-21 22:29 x
こんばんわです。
先日は本当に有難うございました。 
3時間半ではぜ~んぜん足りませんね(笑)。
どれもこれも面白い話ばっかりで楽し過ぎましたよ。
特に面白かったのは・・・ リッター140km走るスーパーカブの話ですかね、やっぱり(爆)。
ともかくビワマスってロマンを感じますよねぇ~
またワイワイガヤガヤ宜しくおねがいしま~す!
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-21 22:31 x
dadさん、こんばんは。

確かに ”学芸員” っというとちょっと引きそうですが
お話を頂い二人は、釣り好きの楽しい方でした。

流石にいろんな事を知っておられて、私たち素人を相手に
楽しい話を聞かせてもらいました。

ビワマス、刺身で食べるとめっちゃ美味しいらしいです。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-21 22:39 x
terryさんのDHで狙えるかもヨ。
琵琶湖の北の方で、岸から急に深くなっているポイントがあり
そこでは岸の近くでビワマスが獲れる事があるらしいです。
春先から夏にかけて、ビワマスは鮎を食べているので、Flyでも可能性はあります。

ビワマスを狙ってFlyロッドを振っている人を見かけたという情報もありあす。
??バスをFlyで狙ってるんやったかなぁ・・・・どっちやったかな・・・・酔ってたから・・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-21 22:44 x
タッドさん、こんばんは。
ビワマスは私の近くの川にも毎年遡上してきています。
でも遡上してくるのは晩秋・禁漁期なので釣れません。
琵琶湖では殆ど底の冷水域にいるので、なかなか釣れないようです。

>琵琶のような形をしたビワマスのランディングネット・・・・
それは無理(^^)
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-21 22:50 x
ふくちゃん 、こんばんは。
DNAでいろんな事が解ってきたのは、
ごく最近のことでしょうから、画期的な事なんでしょうね。

放流については、本当に難しいですね。
琵琶湖の鮎なんか、全国各地に放流されてますからね。
鮎はよくてアマゴは・・・・
イワナはよくてバスは・・・・
中流はよくて上流は・・・・・
漁協のお墨付きがあればよくて自主放流は・・・・・

特に、”漁協のお墨付きがあれば” というのは考えものですね。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-21 22:54 x
コムさん、3時間半ではぜ~んぜん足りませんでした。
気が付けば、閉店ですからね。

でも、ビワマスの研究されているだけあって
次から次へといろんな話が聞けましたね。
まだまだ出てきそうで、楽しみです。
是非、次回は釣りながらやりましょうー。
お酒抜きで・・・・無理??
Commented by Lt_cahill at 2007-03-22 18:53
西洋毛鉤さん、こんばんは。
本流で釣りをするようになって遡上魚や回遊魚、見えない魚は謎だらけで
いつも釣れなくて苦労しています。
ビワマスもまたなぞの部分があるようで興味深いお話ですね。
Commented by NaO at 2007-03-22 19:55 x
コンバンワ
ビワ鱒、、甘美な響き・・

TVなどで北海道のサクラマスの産卵映像を見ていると
小さなヤマメが産卵行動に参加するものもいれば
卵を食べているように見えるものもいたりしますが
それもそうなのでしょうかね?

赤い斑点の付いたお魚を釣ってみたい・・
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-22 21:19 x
Lt_cahill さん、こんばんは。
鮭鱒は本当に不思議な魚ですね。

ビワマスも琵琶湖に流入する各河川で稚魚放流をしています。
稚魚は県の施設で孵化したものを、各河川に配布して放流しているのですが
最初のころは、放流した川でなく、孵化する施設のある川に
4年後みんな帰ってきたらしいです。
そこで、孵化や稚魚の飼育は川の水ではなく、地下水でやるようになったそうです。

どうやって自分が生まれた川を見分けているんでしょう?
どう考えても水の臭いでは無理だと思うのですが。。。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-22 21:26 x
NaO さん、こんばんは。
>卵を食べているように見えるものも・・・・・
そいつはきっと、自分の子孫を残そうと頑張っているやつですよ。

川に残る奴と、川を下る奴がいますが
川を下る奴は川での生存競争に負けた奴らしいですね。
川では餌にありつけないので、渋々川を下った結果
川に残った奴の何倍もの体になって帰ってくるそうです。
Commented by daikyu at 2007-03-22 21:58 x
西洋毛鉤さんこんばんは、エー話やなーってちと酔っ払って鱒(笑)
今度そっちに行って一緒に確かめましょう。やっぱり百聞は一見に
しかず、百見は一行にしかずでございますよぉー・・ぷはぁー
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-03-23 19:44 x
daikyuさん
>エー話やなー
ってカットしないでくだしね。

ビワマスをFlyで釣れるよう頑張ってみますので
釣れるようになったら、ご招待いたしま~す。
<< テーマは ”Straw col... 奇(き)を衒(てら)・う >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31