ビワマス・魚ッチング PartⅡ

f0053342_9521684.jpgf0053342_9535170.jpgf0053342_10111884.jpgf0053342_10113561.jpgf0053342_10131857.jpg



f0053342_2019382.jpg

琵琶湖博物館主催の◆ビワマス採卵現場を見学してみませんか◆
というイベントに参加してきました。

イベントの内容は、
まず、漁師さんに連れられ船で琵琶湖に出て、
エリ(琵琶湖固有の定置網)に入ったビワマス漁を体験します。
次に捕れたビワマスから採卵し受精の体験。その後孵化場を見学。
お昼は漁協方のご協力により鱒飯・鱒の煮付けをご馳走になり、
最後はビワマスの産卵の様子のビデオを鑑賞というものでした。

とにかく感激でした。
琵琶湖でのエリ漁は初体験。
エリの中にはビワマスが40-50匹入っていました。
他にはワカサギ、鯉、うなぎ等など。
意外にもブラックバス、ブルーギルはほとんど入っていません。
ビワマスは体長40cm~60cmの産卵を前にした成魚。
その魚体はほんのりピンクをおびた婚姻色に染まり、想像以上の綺麗さ。
ビワマスにつていの色々な話も興味深いものばかり。
うなぎは胴の直径が4-5cmはある、一見なまずかと思う程の大物。

Mother Lake“琵琶湖”。懐の深さを再認識させられました。

※タイトルは、 要さん 風に“魚ッチング”とさせていただきました。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-27 20:16 | いろはにほへと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/526365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 我が思い出の渓で出会った人たち ビワマス・魚ッチング >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30