久々に竿でも作ろうか。
久々に竿でも作ろうか。

去年の10月以来となりますが、今度の竿で18本目です。
竿を作ろうかと思うと結構いろんな選択枝があり
アマチュアビルダーとしては、仕様を考えているのが
一番楽しい時です。

“どんな竿を作るか”ですが、やはり
“どんな渓流でどんな釣りをするか”を想定して・・・・・

う~ん。
春先から初夏にかけての新緑のなか。
少し開けた渓流で、
いつもよりちょっとラインを沢山だして
グリップの上からTipにかけて
フォワードキャストで大きく曲がった竿が
リーダーを引きずるように伸びてくる。
大きなループがFLYをゆっくり流芯のわきに落とし
ドラッグフリーで流れてくるほんの一時。
心臓がバクバク!
次の瞬間。イワナがゴボッっとフライを吸い込んで・・・・

キャハー!たまりません!

てな事を想像しながら
レングスは、いつもよりちょっと長めの7フィート6インチくらいか。
テーパーはButtからそれなりにまがりそうなパラボリック。
初心に返ってギャリソンの209にするかな。
ブランクには、作った事のないまだら模様のフレーミングを施し
たまにはオイルじゃなくニスで綺麗に仕上げ、
ラッピングは薄いオレンジに赤の縁取り。(ちょっとやりすぎかな)
グリップはファインシガーにリールシートは桜のオイルフィニッシュ。
などなど。

出来上がりはおそらく
初夏なんかとっくに過ぎて、
今シーズン中で出来上がるかな。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-28 13:26 | バンブーロッド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/534988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 丸焦げ 『バンブーロッドを使う人』 を考える >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31