丸焦げ
竿作りを始めました。

テーパーも決まり、
なたで割った竹片を節ズラシをしながら必要な寸法に揃え
一本一本、節の凹凸をやすりでならし
アルコールランプで竹をあぶりながら
曲がり・反りを取っていきます。

丸焦げになったというかなりそうになったのは
この竹片ではありません。

私です!

何の気なしに、何を考えていたのか、
それともボケていたのか、きっとボケて来たのでしょう。

アルコールランプの向こうにある竹片を手に取ったところ
二の腕あたりが、チリチリ・・ゴーー。
アルコールランプの火が腕に移ってしまったのです。
あわてて、反対の手ではたいて、消し止め一安心。

次の瞬間、背中の方で、チリチリ・・ゴーゴー。
消し止めたと思った火が、背中に回っていたのです。

ワッ~~!ヒェ~~!!ギャホーホ!!$%l;k&%$#~~!!

必死に服を脱ぎながら、作業小屋から飛び出しました。

外でお花の手入れをしていた奥さん一言。
「なんか、楽しそうやな~」
うちの奥さん、未だに私の歓声と悲鳴の区別が付かないようです。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-28 13:27 | バンブーロッド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/534992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< なんとか完成 久々に竿でも作ろうか。 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30