竹から竿へ・・・【曲げ伸ばし】
f0053342_1356569.jpgf0053342_1357106.jpgf0053342_13572323.jpgf0053342_13573796.jpgf0053342_1357487.jpg






竹から竿へ・・・【曲げ伸ばし】

竿つくりで伸ばさないといけない曲がりは、色々あります。
・節部分の膨らみ
・節部分の凹み
・節部分での左右への曲がり
・節間部分での左右への曲がり
・節間部分での上下へのそり
・ねじれ 等など

曲がり直しは、アルコールランプで竹をあぶると言うか焼きながら
曲がりを取っていきます。
(仕上げ削りを終わった後は、ヒートガンであぶります。)

曲げ伸ばしは、色んな方法で色んな道具を使いながらの
気の長~い作業となります。
写真は、節部分の膨らみ・凹みを取っているところです。
一枚目:Befor
二枚目:万力に挟んで、膨らみを凹ましているところです
三枚目:自作の道具(竹いてこまし器)で、膨らみを凹ましているところ
    竹いてこまし器では、節部分の凹みを取るときや
    節間部分の曲がりを取るときにも使ってます。
四枚目:これも自作の道具で、節部分の膨らみを取っているところです。
五枚目:After

竿つくりでは、荒削りの前だけでなく、
気の付いた時々で、曲げ伸ばしをします。
荒削りの途中でも、仕上げ削りが終わった後でも、出来上がってからも。

秋の夜長、アルコールランプの火が、竹を焦がす臭いの中で、
竹の曲がりを伸ばすのも、なかなか良いものです。

次回は【荒削り】
曲げ伸ばしには時間がかかりますので
荒削りには当分移れません。
[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-28 14:00 | バンブーロッド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/535265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 竹から竿へ・・・【荒削り】 竹から竿へ・・・【竹割り】 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31