第9話--Sisyouの屁っ放り腰
相変わらずいろんな格好した奴らが釣りにきよるなあ。

SisyouとKazuの釣りはフライフィシングとか言うとったな。
あいつらは格好から入っとおるふしがあるが、
ワシから見てもあんまり格好ええことないな。
Sisyouの屁っ放り腰に、Kazuの帽子。あれはちょっと・・・

そやけど、フライフィシングするやつ等は、
釣られても逃がしてくれるから助かる。
この前も、Kazuに釣られよった奴がなかなか帰って来んから
心配しとったら、えらい長い事カメラの前でポーズとらされてたとかで
真っ赤に日焼けして帰ってきよった。
逃がしてくれるんはええけど、もうちょっと早う逃がしてくれな
たまらんな。

逃がしてくれる言うたらルアーフィッシングする奴等も逃がしてくれよる。
そやけど、あのルアーちゅうのは針だらけで、
餌やと思うて食いに行くと、傷だらけにされてしまうからちょと辛い。

それにしても、ホンマモンの餌釣りにはかなわん。
なんちゅうてもミミズ。あの臭いを嗅ぐと眼がくらんで、
先から出てる針も見えんようになって、つい食いついてしまう。
それに餌釣りに掛かると、まず帰ってこれん。
ちっちゃい子供らまで持って帰りょるし節操がない。

釣られるワシが言うのも何やが
見てて気持ちが良いのは、テンカラかな。
テンカラも釣られると、滅多に帰ってこれんけどな。

[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-28 16:29 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/536608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第10話--釣師に梅干 第8話--大きい眼をしたビワマス >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31