第42話--発眼卵放流より稚魚放流
Kazu  「Sisyou、私ら毎年発眼卵放流してますけど
       釣れたイワナが私らの卵から孵ったやつかどうか解りませんね。」

Sisyou 「稚魚放流なら、放流するイワナの“あぶらひれ”を切って
       個体識別する事ができるぞ。
       それに、池田養鱒場の兄ちゃんが言うとったけど、成魚にするには
       発眼卵放流より稚魚放流の方が“こすとぱあほーまんす”もええらしいで。」

Kazu  「来年から稚魚放流にしましょか?!
       イワナの“あぶらひれ”をちょん切るのも、おもろそうやし。」

こら!こら~ッ!
ワシらの“あぶらひれ”を、お前らの盲腸と一緒にすんなよ!!
この前、仲間打ちで雌イワナのどこに一番色気を感じるかちゅうアンケートをとっとら

第1位がダントツで、ツンと上を向いた“あぶらひれ”
第2位が、プリプリ揺れる“あぶらひれ”
第3位が、“あぶらひれ”から尾びれにかけてのくびれ

と、“あぶらひれ”関係が上位独占やったんやからな~!
(うちのカアチャンの“あぶらひれ”も、昔はあれで・・・・・)

[PR]
by seiyoukebari | 2006-01-28 18:06 | イワナのつぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://seiyoukeba.exblog.jp/tb/537714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第43話--「一年の計は・・・・」 第41話--発眼卵放流 >>


釣り人の手から逃れたイワナのつぶやき
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30